トップページへ

ABOUT BUSINESS

事業のこと

アットマークテクノは、組み込みコンピュータ「Armadillo(アルマジロ)」を開発・製造する札幌のメーカーです。このページでは、当社の事業について紹介します。

usecase-map usecase-01 usecase-02 usecase-03 usecase-04 usecase-05 usecase-06 usecase-07 usecase-08 usecase-09 usecase-10 usecase-11 usecase-12 usecase-13 usecase-14 usecase-15

私たちの身の周りには、コンピュータで制御されている機器がたくさんあります。日本にはこのような機器を開発する企業が数多くあり、アットマークテクノは、自社ブランドの組み込みコンピュータ「Armadillo」を開発・製造し、提供することを主な事業としています。

usecase-01
usecase-02
usecase-03
usecase-04
usecase-05
usecase-06
usecase-07
usecase-08
usecase-09
usecase-10
usecase-11
usecase-12
usecase-13
usecase-14
usecase-15

Armadilloはコンピュータを組み込んだ機器の中核として、気象モニター装置や太陽光発電の発電量表示器、タッチパネル券売機など、様々な機器に採用されています。国内で使用される機器だけでなく海外で使われる機器にも、さらには宇宙で使用する機器に組み込まれる事例もあります。

IoT時代の組み込みコンピュータ

このように様々な場所で様々な機器に利用されているArmadilloは、これから始まるIoT時代においてますます活躍の場が広がり、より一層の注目を集めています。アットマークテクノは、IoT時代にふさわしい組み込みコンピュータとして、これからもArmadilloを進化させ続けていきます。

Armadilloを実現する技術力

コンピュータは、ハードウェアにおける電気・電子技術と、その上で動くソフトウェアにおける情報技術で成り立っており、どちらか片方の技術だけではコンピュータを動かすことができません。アットマークテクノは、ハードウェア・ソフトウェアの技術開発を一貫して手掛け、コンピュータに関する高度な知識とノウハウを蓄積してきました。Armadilloは、ARMプロセッサを搭載した回路設計や基板設計、オープンソースソフトウェアのLinuxをベースとしたOS移植や開発環境の構築など、多岐にわたる技術を集約して開発された製品です。「省電力」「長期供給」「耐環境性」など安心品質を実現し、大手企業から中小企業まで数多くの機器メーカーに採用されています。

札幌から技術を発信

アットマークテクノは札幌に本社があり、Armadilloの企画・開発から製造までの機能を札幌に集約しています。自社ブランド製品を自分たちの自由な発想で企画し、自分たちの持つ技術をカタチにすることができます。また、製品を開発して終わりではなく、製品を提供し続けていく中で、より良い製品に育てていくことができます。初代Armadilloの誕生から15年以上にわたり様々なシリーズを札幌から世に送り出し、数多くの企業のモノづくりに貢献してきました。アットマークテクノはこれからも「技術者魂」を胸に、「世界に貢献する技術を提供する」という理念を実現していきます。

アットマークテクノがどんな事業を展開しているのか、イメージは掴めましたか? 次の「仕事のこと」ページでは、アットマークテクノのエンジニアがどのような仕事をしているのかを紹介します。