IoTゲートウェイ一体型で “すぐに使える”リモート管理・運用サービス「node-eye」7月1日よりサービス提供開始


アットマークテクノ

2016年7月1日
株式会社アットマークテクノ

IoTゲートウェイ一体型で “すぐに使える”リモート管理・運用サービス
「node-eyeTM」7月1日よりサービス提供開始

~アットマークテクノの新サービスを大手SIerが採用予定~

 

株式会社アットマークテクノ(本社:札幌市、代表取締役:實吉 智裕、以下「アットマークテクノ」)は、2016年7月1日より、IoTデバイスのリモート管理などを実現するクラウドサービス「node-eye(ノード・アイ)」のサービス提供を開始します。

node-eyeロゴ
「node-eye」とは

「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」では、IoTの価値を担うセンサ・機器のデータを常時適切に取得できる状態を保つことが必要です。そのため、IoTシステムの構築・運用時には、IoTゲートウェイなどのクラウドにつながる「モノ(Things)」が常に正しく動作する状態をいかに構築し、また維持するか、が重要課題となります。

「node-eye」(https://node-eye.com)は、アット マークテクノ製IoTゲートウェイ「Armadillo-IoT」シリーズ専用のクラウドサービスです。 IoTゲートウェイの運用・管理に必須となる

  • 死活監視
  • リソースモニタリング
  • リモートコンフィグ
  • リモートアップデート

の4つの基本的機能をArmadillo-IoTゲートウェイと組み合わせて「すぐに使える」状態で提供します。

node-eyeイメージ

「node-eye」を利用すると、例えば、工場に設置したIoTゲートウェイ本体の動作状況の監視やソフトウェア設定の変更といったメンテナンスを、距離が離れた本社から一括して実施することが可能です。IoTシステムの各機器を常に監視・管理する体制を低コストで実現できるため、運用業務の効率化に貢献します。

「node-eye」の特長
(1)“どのシステムでも使う”運用管理機能を開発レスで利用 ― もっと付加価値の高い開発に集中できる

「node-eye」は、使用するArmadillo-IoTゲートウェイをクラウドで登録するだけで利用可能です。よく使われる運用・管理機能がパッケージ化されており、開発の手間をかけずにまとめて利用可能なため、よりビジネス価値に直結するアプリケーション開発などの業務に開発リソースを集中させることができます。

(2)ゲートウェイ1台から利用可能 ― 月額料金制でスケールしやすい

「node-eye」は、ゲートウェイ1台からご利用いただける月額課金制[*1]を採用しており、ユーザー自身のビジネスの状況に合わせていつでも柔軟に利用規模をスケールすることができます。また、アットマークテクノは、試作開発向けとして、Armadillo-IoTゲートウェイ5台以内で「node-eye」を無償で3か月間試せる「トライアルサービス」も実施します。

(3)IoT専用モバイル通信サービスも提供 ―「モノ」の情報を「つなぐ」方法を一括して入手できる

「node-eye」のオプションとして提供されるIoT専用3Gモバイル通信サービスは月額利用料300円から利用可能で、少量データを頻繁に送信する場合に適した価格体系を採用しています。また、「Armadillo-IoT」と「node-eye」を利用すれば、IoTの「 T (Things)」 をクラウドに「つなぐ」ために必要な「モノ」と「機能」一式を、アットマークテクノから一括して手配することができます。

[*1] 登録手数料その他の初期費用が別途かかります。

採用各社の声

アットマークテクノは、Armadillo-IoTゲートウェイをご利用の複数のユーザー企業様を対象として、2015年末から、node-eyeのβ版モニターテストサービスを限定提供してきました。 モニターテストにご参加の上、さらにサービスイン後も「node-eye」を継続して採用される予定のNECネッツエスアイ株式会社様より、以下のコメントをいただいております。

NECネッツエスアイ株式会社
テクニカルサービス事業本部エンタープライスサービス事業部第二サービス部 部長 高橋 圭様:

「node-eye」は、Armadillo-IoTをリモートからコントロールできるだけでなく、クラウド側で解析したデータをもとに自動的にセンサをコントロールできることや、今後ますます重要になるIoT のセキュリティ対策もリアルタイムでアップデートができるなど、IoTには欠かせない機能を搭載していると感じています。このような「node-eye」の特長を最大限に活かし、当社のVPNルータリモート運用管理サービス「SASDAKE(さすだけ)」との連携を図ることで、今後ともアットマークテクノ社との強固なパートナーシップを推進してまいります。

「node-eye」サービス概要

アットマークテクノは、まず「Armadillo-IoTゲートウェイG2」向けに2016年7月1日より以下の機能を提供します。また、新製品「Armadillo-IoTゲートウェイG3」向けには2016年秋を目途に提供を開始する予定で、その他のArmadillo-IoTシリーズのゲートウェイにも「node-eye」を順次提供していきます。なお、「データハブ機能」の提供も予定しています。

対象製品
  • Armadillo-IoTゲートウェイG2(型番:AG42-で始まる製品)

提供開始するサービス
(1) デバイス運用管理サービス
node-eye

● 死活監視機能
IoTゲートウェイの可用性を監視する機能。異常が起こった場合にアラート告知します。

node-eye

● リソースモニタリング機能
稼働中の機器のCPU使用率やメモリ利用量などの稼働状況をリモートで参照できる機能。効率的なメンテナンスの流れを作ることができます。

node-eye

● リモートコンフィグ機能
設定情報をクラウド側からIoTゲートウェイに反映できる機能。ソフトウェア上の設定作業などはすべてクラウド上から対応可能となります。

node-eye

● リモートアップデート機能
稼働中のIoTゲートウェイのファームウェアをクラウド側から更新できる機能。複数のIoTゲートウェイをリモートから一括アップデートすることも可能です。

(2) モバイル接続オプション

以下の4つの機能が含まれます。

●3Gモバイル通信
●24時間通信可能
●上り最大50Mbps
●下り最大256kbps
●1回線につき月間500MBまで定額で利用可能(同一契約内でシェア可)

料金プラン
試作・開発プラン 量産プラン
デバイス運用管理サービス ●無償トライアル提供(3か月限定、試作5台まで)
※対象製品の開発セットご購入がご利用お申込みの条件となります。
●初期費:
 BTO[*1]サービス料+node-eye利用料[*2]
●月額費:
 月額基本料+月額利用料[*3]
(※詳細はお問い合わせください)
モバイル接続オプション 提供なし ●月額費:
 月額利用料\300 /1回線~ [*4]

[*1] node-eye(量産向け)は、Armadillo-IoTゲートウェイのキッティングまでを行う「BTOサービス」と同時に提供いたします。
[*2] 契約手数料(\1,000/ゲートウェイ1台)、変更手数料などの手数料を別途ご請求申し上げます。
[*3] 月額基本料は契約毎、月額利用料はゲートウェイ1台毎に課金されます。
[*4] ユニバーサル手数料を別途ご請求申し上げます。

「node-eye」の詳細情報

詳細情報(サービス資料やマニュアルなど)は下記のURLからダウンロードできます。

https://node-eye.com


アットマークテクノおよび「Armadillo-IoT」について

アットマークテクノは、札幌に本社を構える開発メーカーで、組み込みプラットフォーム「 Armadillo(アルマジロ)」など、自社ブランド製品の開発・製造・販売を行っています。 「Armadillo-IoT」は、ARMプロセッサ搭載、Linux採用の国産CPUボード「Armadillo」の製品をベースとして設計されたゲートウェイです。パートナー各社が提供する通信回線やクラウドプラットフォームへの対応も積極的に手掛け、ハードウェア周りとその周辺サービスを含めたIoTの「T(Things)」に関する機能・サービスを広くカバーし、ユーザーにとってより使いやすい製品群を提供する取り組みを推進しています。

詳細は以下の各Webサイトをご覧ください。


本リリースに関する報道関係のお問い合わせ

●株式会社アットマークテクノ(企画室)


詳細やご購入に関するお問い合わせは、上記のWebフォーム(アットマークテクノWebサイト)からお寄せください。


※「Armadillo」は、株式会社アットマークテクノの登録商標です。「node-eye」は株式会社アットマークテクノの商標です。その他このプレスリリースに記載されている会社名および製品名は、各社・各団体の登録商標または商標です。TMおよび®マークは記載していない場合があります。