CONCEPT

アットマークテクノの組み込みプラットフォーム事業

組み込み開発に“安心”を届ける 「組み込みプラットフォーム」のリーディングカンパニー

省電力CPUボードを中核とした
産業機器向け「組み込みプラットフォーム」の
リーディングカンパニー

アットマークテクノは、省電力組み込みプロセッサ搭載・Linux 対応の組み込みCPU ボードを中核として、Linux デバイスドライバ、周辺ソフトウェアソリューション、オプションボード・モジュールなど、機器制御の基本となる各コンポーネントをまとめた「組み込みプラットフォーム」のリーディングカンパニーです。

コアコンポーネントを選べる

アットマークテクノの組み込みプラットフォームには、画像処理や組み込みデータベースなどを実現する各種ミドルウェアソリューションやハードウェア拡張のためのオプションモジュールなど、さまざまなコンポーネントが用意されています。
核となる組み込みCPUボードとLinuxOSをベースとして、デバイスドライバ、ミドルウェア、オプションモジュールなどの中から必要なものだけをピックアップし、ブロックのように組み合わせ、機器のプラットフォームとして柔軟に利用できることが特長です。

多様な機器のベースに ~ 採用事例も豊富

アットマークテクノの組み込みプラットフォームは、日本国内製のCPUボードを使い、機器にそのまま組み込むことができる品質でご提供します。データロガー、監視カメラや通信機器、室内監視機器、カートや端末の表示機、モニタリング装置 など、各種の機器に採用されています。

組み込みプラットフォームのメリット
こんな失敗、経験ありませんか?

格安ボードで開発したら…

・夏になると誤動作が…
・長時間の連続稼働で故障しちゃった
・追加生産したいのに生産中止だって!?

フルスクラッチで開発したら…

・設計開発に想定以上の時間がかかって…
・製品化までの時間とコストが膨大に!

組み込みプラットフォームなら解決できます!
機能・性能に安心

アットマークテクノ製品は、さまざまな製品のプラットフォームとして利用できるよう、各種のインターフェースをバランスよく配置しています。また、氷点下でも動作可能とするなど、産業用製品に必要な信頼性を確保し、各種の条件や基準をクリアするように配慮して設計を行っています。

供給に安心

初代Armadilloは2002年の発売以来、2015年現在でも供給継続中。アットマークテクノでは、製品の企画開発の際5年以上の長期供給を原則としています。

買いやすさに安心

1台から購入可能なラインアップを多数取り揃えています。また、数量をまとめて一括購入いただくことでディスカウントする仕組みなども用意し、少量から数千台規模まで、広い範囲の製品化に対応できる価格帯を採用しています。


製品の詳細やご購入に関するお問い合わせの他、「どの製品を使えばいいの?」といったご相談まで、
アットマークテクノ製品に関するご質問・ご相談は上記Webフォームからお気軽にお寄せください。