FA向け国内主要PLCの“見える化”に~産業向けIoTソリューションの開発・運用をスピーディ&スケーラブルに実現


アットマークテクノ

2016年3月2日
株式会社アットマークテクノ

FA向け国内主要PLCの“見える化”に

産業向けIoTソリューションの開発・運用をスピーディ&スケーラブルに実現


株式会社アットマークテクノ(本社:札幌市、代表取締役:實吉 智裕、以下「アットマークテクノ」)と東海ソフト株式会社(本社:名古屋市、代表取締役:伊藤 秀和、以下「東海ソフト」)は、PLC(プログラマブルロジックコントローラ)などのデバイスをクラウドに接続し、各デバイスの稼働状況の「見える化」や「遠隔管理」を簡単に実現できるサービス、「Armadillo-IoT Flex Device パッケージ(アルマジロ・アイオーティ フレックスデバイス パッケージ)」の提供を開始しました。

PLCは、FA(ファクトリーオートメーション)やエレベーターや空調機器などのビル設備に広く利用されている制御装置です。各メーカーが独自の仕様で開発しておりPLC毎に通信方式が異なるのが一般的で、複数メーカー製のPLCを横断的にリモート監視・管理する仕組みを構築しようとした場合、多額のコストと時間を要することがIoT化の大きな障害となっています。

「Armadillo-IoT Flex Deviceパッケージ」はアットマークテクノ製「Armadillo-IoT」ゲートウェイと、IoT向け3G回線サービス、各種PLCやデバイスの情報を管理する東海ソフトのクラウドサービス「Flex Device」で構成され、産業向けIoTソリューションの開発と運用をスピーディかつスケーラブルに実現します。Armadillo-IoTには国内主要メーカー製PLCと通信できるエージェントソフトウェアがあらかじめ搭載されており、各PLCにArmadillo-IoTを接続し電源を入れることでFlex Deviceクラウドセンターに登録されます。また、PCやタブレットからFlex Deviceクラウドセンターにアクセスし、デバイス接続情報に関する簡単な初期設定を行うだけで、PLCなど各デバイスのデータをリモートから確認・管理できるなど、導入も簡単です。さらに、Armadillo-IoT Flex Deviceパッケージは数十万円程度のイニシャルコストで導入できるので、PLCを横断的にIoT化する場合と比較して格段に低コストです。2台目以降のゲートウェイの運用は月額利用料が数百円程度と、スケールしやすい料金構成となっています[*1]

イメージ図

Flex DeviceはAPIによる連携が可能で、PLCのデータを利用した専用サービスの開発導入や他社クラウドサービスとのデータ連携なども手軽に実現できます。東海ソフトでは、クラウドアプリケーションやArmadillo-IoTとの連携に関係するソフトウェアなどの受託開発も行っており、予知保全の実現のための基本となる「見える化」「システムの効率化」など、顧客の要望に応じてさまざまな用途のアプリケーションを柔軟かつ包括的に提案します。

アットマークテクノは、「Armadillo-IoT Flex Deviceパッケージ」を2016年3月2日に発売します。同時に、初期導入向けのパッケージを格安で提供する「TRY! Flex Device 年度末特別キャンペーン」を2016年3月末までの期間限定で実施します。キャンペーンでは、Armadillo-IoTゲートウェイG2[*2]の他、Flex Deviceの初期費用と月額利用料3か月分、3Gモバイル回線を含む通常35万円相当の初期導入費用を、格安の98,000円(税別)でアットマークテクノおよび販売代理店から提供します[*3]

[*1]ゲートウェイ追加時は初期費用として登録料が必要です。
[*2]本キャンペーン専用モデル(RS485対応)です。RS485以外のインターフェースにも対応可能です(別売、個別にお見積)。
[*3]導入用の初期費用パッケージです。ゲートウェイの追加や管理ID、ユーザーIDの追加などをご希望の場合は、別途お見積りとなります。追加ゲートウェイ2台目以降は、月額利用料350円からご利用いただけます。

「TRY! Armadillo-IoT Flex Deviceパッケージ:年度末特別キャンペーン」

■キャンペーン期間:2016年3月2日(水)~2016年3月31日(木)
■キャンペーン版パッケージの詳細:

  • 名称:「Armadillo-IoT Flex Device 初期導入パッケージ」
  • 型番:AG421-D05Z-FD1
  • 価格:98,000円(税別)※通常35万円相当[*4]
  • パッケージに含まれるもの:
    • RS485版Armadillo-IoTゲートウェイG2(3Gモジュール搭載、Flex Deviceエージェントソフトウェアインストール済)
    • Flex Deviceクラウドセンター登録(管理ID×1、ゲートウェイ個体登録×1)
    • Flex Deviceクラウドセンター月額利用料3か月分[*5]
    • 3Gモバイル回線用SIMカード同梱(通信料3か月分含む)[*6]

キャンペーンの詳細(Armadilloサイト)

[*4]導入用の初期費用パッケージです。ゲートウェイの追加や管理ID、ユーザーIDの追加などをご希望の場合は、別途お見積りとなります。追加ゲートウェイ2台目以降は、月額利用料350円からご利用いただけます。
[*5]ゲートウェイ接続1台分と管理IDの利用料3か月分を含みます。ユーザーIDを追加する場合は別料金となります。
[*6]料金の詳細はアットマークテクノにお問い合わせください。

東海ソフト株式会社 執行役員 営業本部 本部長 市野雄志様のコメント:

「当社は創業以来40年以上にわたり、産業向けソフトウェア開発を事業の中核として、PLCをはじめ数多くの産業機器の管理・監視を手掛けてまいりました。今回、アットマークテクノ社の実績のあるハードウェアと当社の産業向けソフトウェアのノウハウを有機的に結合した『Armadillo-IoT Flex Deviceパッケージ』により、お客様のIoTソリューションの実用化をお手伝いできることを大変嬉しく思います。さらに、当社が提供するクラウドアプリケーション受託開発のオプションにより、トレーサビリティ、稼働モニタ、電力監視など、各種サービスのスムーズな実現にお役立ていただけるものと確信しております。」


「Flex Device」とは

Flex Deviceは、東海ソフト製のクラウドサービスで、インターネットに接続する機器(デバイス)をクラウドから一元管理できることが特長です。FA機器などの制御に使われるPLCでの利用を推進しており、国内主要メーカー各社の主なPLC製品のプロトコルをほぼ網羅しています。
詳細はhttp://www.tokai-soft.co.jp/business/bu_13/fd/index.htmlをご覧ください。

「Armadillo-IoT」とは

Armadillo-IoTは、アットマークテクノが2014年に提供を開始したArmadillo-IoTゲートウェイ、およびゲートウェイの運用管理機能を含めてIoTの「Things」に当たる部分の必須機能を一括して提供する、IoT向けデバイスプラットフォームの総称です。中核となる「Armadillo-IoTゲートウェイ」は、2002年の初代機発売以来さまざまな組み込み機器に採用されている組み込みプラットフォーム「Armadillo(アルマジロ)」をベースに開発されました。コネクタで本体と接続できる専用の「アドオンモジュール」を差し替えることで、RS232C/422/485などのインターフェース、Wi-SUN、EnOceanをはじめとする省電力無線通信など、さまざまな機能に対応できる柔軟性の高さが特長です。また、通信回線の提供、各社のクラウドプラットフォーム対応なども進んでおり、センサ接続からクラウド連携まで広く対応可能です。
詳細はhttp://armadillo.atmark-techno.com/iot-platformをご覧ください。

アットマークテクノについて

アットマークテクノは、札幌に本社を構える組み込みプラットフォームの開発メーカーです。ARMプロセッサ搭載省電力かつ耐環境性にも配慮したCPUボードとLinux OSを組み合わせ、OSやデバイスドライバなどの基本となるソフトウェア、インターフェース拡張ボードなどのオプション、その他周辺ソリューションなど組み込み機器の基盤となる部分をまとめて「組み込みプラットフォーム Armadillo(アルマジロ)」として自社ブランド展開しています。詳細はhttp://atmark-techno.com をご覧ください。

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社アットマークテクノ企画室

 


参考情報

「Armadillo-IoTゲートウェイ」について(Armadilloサイト)
「TRY! Armadillo-IoT Flex Deviceパッケージ:年度末特別キャンペーン」について(Armadilloサイト)

※「Armadillo」は、株式会社アットマークテクノの登録商標です。その他このプレスリリースに記載されている会社名および製品名は、各社・各団体の登録商標または商標です。TMおよび®マークは記載していない場合があります。