Wi-SUN・EnOcean・BLE対応IoTゲートウェイ発売 ~今ならプリペイド型SIMが無償で付いてくる・先着50台限定キャンペーン~


アットマークテクノ

2014年10月28日
株式会社アットマークテクノ

Wi-SUN・EnOcean・BLE対応IoTゲートウェイ発売
~今ならプリペイド型SIMが無償で付いてくる・先着50台限定キャンペーン~

株式会社アットマークテクノ(本社:札幌市、代表取締役:実吉 智裕、以下「アットマークテクノ」)は、EnOceanやWi-SUNなど最新の無線センサ通信に対応した3G対応のIoTゲートウェイ「Armadillo-IoT(アルマジロ アイオーティ)」を発売します。

Armadillo-IoTイメージ

IoT(Internet of Things : モノのインターネット)とは、従来は個々に使用されていたセンサや機器をインターネットにつなぎ、新しい付加価値を生み出す技術です。温度計や湿度計などの計測器、スイッチやタグなどさまざまな“モノ”をインターネットに接続することで遠隔操作や状態監視が可能となり、新しいサービスが実現すると期待されています。

センサ・機器とインターネットとの接続をスムーズに仲介するには、それぞれの機器によって異なるインターフェースやサービス毎のプロトコルに対応することができる柔軟性の高いゲートウェイの存在が必須です。 Armadillo-IoTは、Linux搭載の小型・省電力組み込みCPUボード「Armadillo(アルマジロ)」の技術を応用したIoT向けゲートウェイです。組み込み機器のプラットフォームとして各種用途に採用されているArmadilloをベースとしており、フィールド用途に耐え得る堅牢な設計で、かつソフトウェア・ハードウェアともに各要求に柔軟に対応することができます。

Armadillo-IoTの特長
(1)アドオンモジュールを組み合わせて各種センサ接続に対応できる:

Armadillo-IoTは「アドオンモジュール」を差し替えてさまざまな機能を実装できることが大きな特長です。シリアル(RS232C/422/485)や接点入出力の他、次世代の無線通信規格として注目されているBLE(Bluetooth Low Energy)、EnOcean、Wi-SUNに対応したアドオンモジュールを発売します。また、車載向けに使われるCANなどの機能を実装するアドオンモジュールも発売予定です。アドオンモジュールの仕様はWebサイトで公開され(Armadillo-IoT購入者に限定提供)、ユーザーが独自にカスタマイズする場合にも役立ちます。

(2)ソフトウェア開発の自由度が高い:

Armadillo-IoTは、無償公開されているArmadillo向けの開発環境やユーザーコミュニティを利用して開発することができます。Linuxカーネルやデバイスドライバ、基本的なアプリケーションなどはオープンソースソフトウェアを利用でき、追加開発も自由に行うことができます。さらに、RubyやJava8にも標準対応しており、アプリ開発者にとっても使いやすい構成です。

(3)モバイル通信やクラウドサービスなど、周辺サービスも充実:

Armadillo-IoTは、株式会社NTTPCコミュニケーションズ、コネクシオ株式会社、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)など複数社のモバイル通信サービスに対応しており、各社から専用回線プラン(3G) が提供されます。また、パートナー各社から、Armadillo-IoTとクラウドプラットフォームやサービスを連携させたIoTソリューションサービスが提供される予定です。

Amadillo-IoTは、2014年12月発売予定です。発売に先立ち、先着50台限定で、通常の開発セットにプリペイド型SIMカード(3か月利用可能)を無償バンドルした特別限定版を提供する「Armadillo-IoTスタートアップキャンペーン」を実施、2014年10月28日よりArmadillo販売代理店で先行予約受付を開始します。

また、2014年11月19日(水)~21日(金)までパシフィコ横浜(横浜市西区)で開催される組み込み業界向け展示会「Embedded Technology 2014(組込み総合技術展)」のアットマークテクノブース(ブースNo.F-02)にて、Armadillo-IoTの実際の使い方を想定した動作デモを展示する予定です。

Armadillo-IoTの仕様
Armadillo-IoT ゲートウェイ本体仕様
CPU ARM926EJ-S 400MHz
RM 128MB
内蔵ストレージ 32MB NORフラッシュメモリ
LAN RJ45×1 (100BASE-TX/10BASE-T, AUTO-MIDX対応)
無線LAN IEEE802.11b/g/n (オプション)×1
モバイル通信 3G (オプション)×1
USB USB 2.0(Host)×1 (High Speed)
SD/MMC microSDスロット×1, SDスロット×1(無線LANと排他)
カレンダ時計 RTC搭載(バックアップ機能付)
動作温度範囲 -20℃~+60℃(ただし結露なきこと)
入力電源 8V~17V
省電力機能 省電力モード:LAN/シリアル/GPIO/SMS着信で起床
スリープモード:指定時刻で起床
Armadillo-IoTアドオンモジュール
  • RS232C/422/485対応(D-Sub9ピン×1, 絶縁)
  • RS232C対応(非絶縁/フルモデムサポート)
  • EnOcean対応
  • Wi-SUN対応
  • BLE対応 (Bluetooth Smart対応)
  • 接点入出力 (DI/DO/AD)
  • CAN対応

対応するクラウドサービス

Armadillo-IoTは、下記の各社クラウドサービスに対応しています。

  • 株式会社NTTPCコミュニケーションズ「フィールドクラウド M2Mクラウドプラットフォーム」
  • 日本システムウエア株式会社「Toami」

ラインアップ
Armadillo-IoTゲートウェイ
スタンダードモデル開発セット
  • 型番:AG401-D00Z
  • 価格:49,500円 (税別)

※同梱品:
  • Armadillo-IoTゲートウェイ本体(ケーシング済み)
  • 3Gモジュール
  • WLANモジュール
  • 外付アンテナ
  • RS232Cアドオンモジュール
  • ACアダプタ
  • USB/シリアル変換アダプタ
  • USB-miniBケーブル
  • 開発用DVD-ROM
Armadillo-IoTゲートウェイ
スタンダードモデル 量産用
  • 型番:AG401-C00Z
  • 価格:OPEN
Armadillo-IoTスタートアップキャンペーン
キャンペーンバナー

先行予約50台限定!開発セットにプリペイド型SIMカード(3か月利用可能)を無償バンドル。

  • キャンペーン型番:AG401-D01Z
  • 価格:49,500円(税別)

キャンペーンの詳細

※ご予約お申込み先は、上記キャンペーンページからご確認ください。
※販売予定数量に達し次第、受付を締め切らせていただきます。あらかじめご了承ください。

組み込みプラットフォーム「Armadillo(アルマジロ)」について

「Armadillo」は、ARMプロセッサ搭載の小型・省電力CPUボードを核とする組み込みプラットフォームです。主要な製品ラインアップは動作温度範囲-20℃~+70℃の動作温度範囲をカバーしており、データロガーや監視・制御機器など広く採用実績があります。詳細は、 http://armadillo.atmark-techno.com/ をご覧ください。

株式会社アットマークテクノについて

アットマークテクノは、札幌に本社を構える組み込みプラットフォームの開発メーカーです。ARM搭載組み込みプラットフォーム「Armadillo」、FPGA搭載「SUZAKU(朱雀)」の2ブランドを展開し、いずれも試作から量産までそのまま使用することができます。詳細は、 http://www.atmark-techno.com/ をご覧ください。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社アットマークテクノ



※「Armadillo」は株式会社アットマークテクノの商標です。「Oracle」と「Java」は、Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。記載の商品名および会社名は、各社・各団体の商標または登録商標です。TMおよび®マークは省略しています。※本製品は開発中です。記載の仕様・掲載写真は、発表時の予定仕様によるものです。発売時の仕様および外観イメージと一部異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

参考情報

Armadillo-IoTの製品情報(Armadilloサイト)