ユビキタス社とArmadilloシリーズ向けDeviceSQLで販売協業契約を締結


アットマークテクノ

2014年5月8日
株式会社ユビキタス
株式会社アットマークテクノ

ユビキタス社とアットマークテクノ社、Armadilloシリーズ向けDeviceSQLで販売協業契約を締結
〜業務産業分野向けデータ管理ソリューションとして販売強化〜

株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐野 勝大、以下ユビキタス社)と株式会社アットマークテクノ (本社:札幌市中央区、代表取締役:実吉 智裕、以下アットマークテクノ社)は、このたび、ユビキタス社のデータ管理ソリューション「Ubiquitous DeviceSQL (ユビキタスデバイスエスキューエル、以下 DeviceSQL)」 をアットマークテクノ社製のArmadillo(アルマジロ)ブランドの組み込みプラットフォーム「Armadillo-800シリーズ」および「Armadillo-400シリーズ」向けに最適化した「Ubiquitous DeviceSQL SDK for Armadillo」を開発、業務産業系組み込みシステム向けデータ管理ソリューションとして2014年6月下旬より販売していくことで合意しました。

DeviceSQLは、組み込み機器向けに特化し、ストリームベースの世界最小クラスのデータベースエンジン(メモリフットプリント:50KB~)をベースに、高速データベース機能とイベント処理機能を兼ねそなえており、組み込みシステムに最適化されたデータ管理機能を実現するフレームワーク製品です。Linux、μITRON、Windows Embedded、VxWorks、QNX、ThreadXなど各種組み込みOSをサポートしており、IPセットトップボックス、デジタルカメラ、カーオーディオ、携帯電話といった大中規模のコンシューマ向け製品を中心に採用実績を重ねています。
Armadilloは、産業用途向け組み込みプラットフォームとして定評がある、アットマークテクノ社製CPUボードのブランドです。

ユビキタス社とアットマークテクノ社は、DeviceSQLとArmadilloを組み合わせ、産業機器にも使いやすいソリューションとして展開していく予定です。今後マーケットの拡大が予想されているIoT(IoT=Internet of Things:モノのインターネット)の分野、特にエネルギーマネジメントシステム(EMS)、産業制御機器、医療機器といった分野に注力してまいります。

従来、業務産業系組み込みシステムにおけるデータ管理は、CPUパワー、メモリ容量のシステムリソースが制約されていることもあり、機器メーカーが内製で開発したソフト、SQLiteなどオープンソース系データベース、あるいは商用組み込みデータベースを利用するなどして対応してきましたが、それぞれ次の課題がありました。

<業務産業系組み込みシステムでのデータ管理における課題>
■内製ソフトの場合

システムに特化しているため、パフォーマンス性能を出せるという点では優れているが、システム毎にカスタマイズしなければならず、その開発工数やメンテナンス性に関する課題

■SQLiteなどオープンソース系データベースの場合

動作環境に合わせてポーティングやチューニングが必要な点、オープンソースの為、動作保証がなくサポートサービスなどがないことに関する課題

■商用組み込みデータベースの場合

業務産業系分野の場合、多品種少量生産のため、都度ターゲットボード毎に移植費用が発生する場合もあり、導入の初期費用が量産台数に比較して、高額になってしまうコストに関する課題


ユビキタス社とアットマークテクノ社は、上記の課題を解決するため、ユビキタス社のデータ管理ソリューション「DeviceSQL SDK for Armadillo」および量産ランタイムライセンスを、アットマークテクノ社製組み込みプラットフォーム「Armadillo-800シリーズ」および「Armadillo-400シリーズ」向けに2014年6月下旬より提供開始します。

「DeviceSQL SDK for Armadillo」には、開発用のSDK(ソフトウェア開発キット)とArmadillo上で動作する各種OSに対応したDeviceSQLランタイムサービスが含まれており、ユーザーは、SQL(エスキューエル)文を指定して、データベース検索や複雑なイベント処理を行うことができるため、データ管理アプリケーションを効率良く開発できるようになります。一方、導入費用については、Armadillo製品購入者向けに特別価格にて提供される上、量産時に必要となるランタイムライセンスは、少量から購入可能となっておりArmadilloと併せて多品種少量の組み込み機器に採用しやすいよう配慮されています。
尚、対象のArmadillo製品の購入者は「アットマークテクノ ユーザーズサイト」(※1)からDeviceSQLの評価版ソフトウェア(利用期間制限付き)を無償でダウンロードし試すことが可能です。

(※1)「アットマークテクノ ユーザーズサイト」(https://users.atmark-techno.com/)から提供します(対象製品の開発セットの購入者のみダウンロード可能)。


ユビキタス社とアットマークテクノ社は、2013年4月よりArmadilloシリーズ向け高速起動QuickBoot RTPの開発・販売で協業を進めてまいりましたが、このたび、Armadilloシリーズ向けDeviceSQLを開発・販売することでさらに協業を深化させ、両社のビジネス拡大を図ってまいります。



株式会社ユビキタス 代表取締役社長 佐野 勝大のコメント

「今回、既にアットマークテクノ社と協業を進めている高速起動ソリューションQuickBootに加え、その範囲をデータ管理ソリューションDeviceSQLに拡大し、Armadilloシリーズ向けに提供できることを大変嬉しく思います。アットマークテクノ社のArmadilloシリーズは、特に中小規模の量産製品では、定評があり、IoTゲートウェイの開発キットなどの新しい取り組みもされており、弊社のビジネスの方向性と一致する部分が多大にあり、様々な分野の多様な製品に、Armadillo シリーズと共に DeviceSQLが利用されることを期待しています。」

株式会社アットマークテクノ 代表取締役 実吉 智裕のコメント

「今回の協業の深化によって、Armadilloで実績あるデータ管理ソリューションDeviceSQLを気軽に試すことができ、また少量機器にも採用しやすい環境を整えることができました。今まで組み込みデータベースを利用したことがないユーザーにもメリットを実感していただける機会を提供し、組み込み機器開発の効率化を一層進めていきたいと考えています。」


なお、ユビキタス社およびアットマークテクノ社は、2014年5月14日(水)~16日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」に出展(ユビキタスブース(西1-72)、アットマークテクノブース(西8-72))し、DeviceSQLならびQuickBootのデモ展示を予定しております。

※本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

Ubiquitous DeviceSQLについて

DeviceSQLは、組み込み機器向けに特化し、ストリームベースの世界最小クラスのデータベースエンジン(メモリフットプリント:50KB~)をベースに、高速データベース機能とイベント処理機能を兼ねそなえており、組み込みシステムに最適化されたデータ管理機能を実現するフレームワーク製品です。 DeviceSQLの詳細は、弊社ホームページの製品情報をご覧ください。

株式会社ユビキタス(証券コード3858)について

ユビキタス社は、2001年に創業 された組込み機器向けを中心としたコンピュータソフトウェアの開発・ライセンスを行う企業です。 ユビキタス社会において必要となる、ネットワーク関連(ホームネットワーク関連・ 暗号技術を含む)、データベース、システムの高速起動技術からIoT(Internet of Things)時代に向けたクラウドプラットフォームまで、多数のソフトウェアとサービスを提供しております。 他と差別化された製品群で、ユビキタス社会の要請に応えます。

Armadillo シリーズについて

Armadillo シリーズはアットマークテクノが開発した、小型・低価格・省電力の「組み込みプラットフォーム」です。ARM プロセッサを搭載した CPU ボード上に、オープンソースソフトウェアの Linux が標準 OS としてプリインストールされ、開発者はアプリケーション部分を開発するだけでさまざまな組み込みシステムを実現できます。2001年に初代機を発表して以来、すでに10モデル以上の製品をラインアップしており、主に中小規模の組み込みシステムで数多く採用されてきました。詳細は、製品 Web ページをご覧ください。http://armadillo.atmark-techno.com/products/

株式会社アットマークテクノについて

アットマークテクノは、札幌に本社を構えるシステムハウスです。ARM搭載組み込みプラットフォーム「Armadillo」、FPGA搭載「SUZAKU(朱雀)」の2ブランドを展開し、いずれも試作から量産までそのまま使えるプラットフォームとして、制御機器や計測器、デジタルサイネージなど各種の用途に採用いただいています。詳細は http://www.atmark-techno.com/ をご覧ください。



本プレスリリースに関するお問い合わせ先
■ 株式会社ユビキタス

■ 株式会社アットマークテクノ