画面表示に特化した高性能組み込みプラットフォーム「Armadillo-840」を開発 ~H.264動画対応・標準GUI環境に「Qt 5」を採用~


アットマークテクノ

2012年11月12日
株式会社アットマークテクノ

株式会社アットマークテクノ(本社:北海道札幌市、代表取締役:実吉智裕、以下「アットマークテクノ」)は、画面出力機器向けに特化した組み込みプラットフォーム「Armadillo-840(アルマジロ・ハチヨンマル)」を開発しました。
HDMIによる外部ディスプレイ接続(Full HD:1920×1080ピクセル)に対応している他、外部拡張で最大でWXGA+サイズ(1440×900ピクセル)までのタッチパネル液晶も接続できます。小型・省電力ながら30fpsでのH.264動画再生が可能で、小型のデジタルサイネージ端末やセットトップボックス、券売機や店舗の情報端末など、画面表示機器向けの組み込みプラットフォームとして利用されることを想定しています。

Armadillo-840

Armadillo-840には、マルチメディア機能に特化したアプリケーションプロセッサ「R-Mobile A1」(ルネサス エレクトロニクス株式会社製)を採用しています。R-Mobile A1はメインCPUの「ARM Cortex-A9」のほか、画像・音声のリアルタイム制御用にSH-4Aも搭載しており、メインCPUに負荷をかけることなく、画像・音声の処理をすることが可能です。Armadillo-840にはこの特長を活かした「AVコーデックミドルウェア」(株式会社日立超LSIシステムズの協力により開発※1)が標準添付されています。ミドルウェアが標準添付されることによりH.264、JPEG、AACに対応した組み込み機器をすぐに開発・量産することができます。

さらにArmadillo-840では標準GUI環境として「Qt 5※2」が採用される予定です。Qt5はC++ GUIツールキットを含むアプリケーションフレームワークで、簡単にGUIアプリケーションを開発することができます。サポートが充実し、企業による採用事例も多数にのぼる上、Qt5ではJavascriptでの記述が可能なユーザーインターフェース言語「QML」が採用されるなど開発環境が充実したことで一層注目されています。Armadillo-840ではQtライブラリがAVコーデックミドルウェアと統合されており、Qt5アプリケーションから動画・音声を再生することができます。また、R-Mobile A1に搭載されたグラフィックスコア「PowerVR SGX」にも対応しているので、なめらかな3Dグラフィックス描画も可能です。

アットマークテクノは、金属ケース付きの「Armadillo-840 ベーシックモデル開発セット(型番:A8400-D00Z)」を2013年3月に、タッチパネル液晶付きの「Armadillo-840 液晶モデル開発セット(型番:A8401-D00Z)」を2013年5月に発売する予定です。CPUボード本体やオプションケースはそのまま量産にも使える設計で、使用可能な温度範囲も-20℃~+70℃までと広く、産業用途にも利用可能です。

発売に先立ち、2012年11月に開催される組み込み機器展示会「Embedded Technology 2012」(2012年11月14日(水)~2012年11月16日(金)、パシフィコ横浜)のアットマークテクノブース(ブースNo.F-16)でArmadillo-840のプロトタイプ展示を行います。


※1 「AVコーデックミドルウェア」は、日立超LSIシステムズ製のマルチコア・プロセッサ対応OSソリューション「リアルタイム・オーガナイザ」を核として開発したものです。
※2 「Qt 5」http://qt-project.org/

ラインアップのイメージ

※本製品は開発中のため、下記掲載写真はプロトタイプです。実際の製品とは外観が異なる場合があります。

Armadillo-840ベーシックモデル開発セットイメージ Armadillo-840液晶モデル開発せっとのイメージ
Armadillo-840 ベーシックモデル開発セット
金属ケース付き
2013年3月発売予定
Armadillo-840 液晶モデル開発セット
タッチパネル液晶付き
2013年5月発売予定
Armadillo-840予定仕様

※本製品は開発中のため、発売時に仕様が変更になる場合があります。

プロセッサ(Soc) ルネサスR-Mobile A1
 メイン:ARM Cortex-A9(792MHz)
 リアルタイム制御用:SH-4A(594MHz)
RAM 512MB(DDR3-800)
ROM 64MB(NOR FLASH)
LAN RJ-45(100BASE-TX / 10BASE-T)
SD/MMC SDスロット×1
USB ×2(Host, USB 2.0 High Speed)
シリアル CMOS 3.3V ×1
HDMI HDMIコネクタ×1
拡張インターフェース LCD, Camera, SD, UART, GPIO, I2C, SPI, I2S, USB, NTSC
電源電圧 DC5V±5%
動作温度範囲 -20℃~+70℃
ボードサイズ 98mm×60mm(突起部を含まず)
標準OS Linux カーネル3.4
AVコーデックミドルウェアが対応する画像・音声機能 ・H.264エンコーダ/デコーダ
・AACエンコーダ/デコーダ
・JPEGエンコーダ
GUIプラットフォーム Qt5
アットマークテクノについておよび「Armadillo」について

株式会社アットマークテクノは、組込み機器向けの小型・省電力CPUボードのメーカーです。主要ブランドとして、ARMプロセッサ搭載の組込みプラットフォーム「Armadillo(アルマジロ)」を開発・提供しています。Armadilloは初代機発売から10年超の販売実績を誇るブランドで、各シリーズともに試作・評価用途だけでなく製品化・量産向けにもそのまま利用できることが特長です。-20℃から+70℃までの動作温度に対応した製品もあり、産業用途の組込み機器に多くの採用実績があります。 アットマークテクノの詳細は、http://www.atmark-techno.com/ をご覧ください。

株式会社日立超LSIシステムズ製「リアルタイム・オーガナイザ」について

「AVコーデックミドルウェア」には、株式会社日立超LSIシステムズのマルチOSソリューション「リアルタイム・オーガナイザ」が使用されています。リアルタイム・オーガナイザはマルチコア・プロセッサのそれぞれのコア上で独立にリアルタイムOS(T-Kernel)と汎用OS(Linux/Android)を動かし、OS間で必要な通信・同期の機能や排他制御や共有メモリの仕組みを提供するなど、OS間の協調動作を実現したテクノロジーです。 リアルタイム・オーガナイザの詳細は、http://www.hitachi-ul.co.jp/middleware/rt-organizer/ をご覧ください。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

* Armadilloは、アットマークテクノの登録商標です。
* その他の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。TMおよび®マークは記載していない場合があります。