※本プレスリリース中の消費税記載は、発表時の税率に基づいています。その他記載の価格情報・製品情報は発表時点のものであり、変更されている場合がありますのでご注意ください。

組み込みプラットフォームArmadillo-400シリーズ新製品――拡張バス搭載・省電力CPUボード「Armadillo-460」発売


アットマークテクノ

2011年5月10日
株式会社アットマークテクノ


組み込みプラットフォーム開発の株式会社アットマークテクノ(本社:札幌市、代表取締役社長:実吉 智裕、以下「アットマークテクノ」)は、PC/104拡張バス搭載のARM9組み込みCPUボード「Armadillo-460(アルマジロ460)」を開発しました。2011年5月10日より開発セットの先行予約を開始します。

「Armadillo-460」は、Freescale i.MX257(ARM9、CPUクロック400MHz)搭載の組み込みプラットフォーム「Armadillo-400シリーズ」の最上位機種です。先行販売機種(Armadillo-440 / 420)との間で拡張インターフェースや動作するソフトウェアなどが共通化されており、開発資産を流用することが可能です。 Armadillo-460には、従来のArmadillo-400シリーズにはない拡張バスが搭載されています。Armadillo-460の拡張バスは2つのモードに対応しており、柔軟に機能拡張できることが大きな特長です。「PC/104拡張バス互換モード」では、市販のPC/104拡張ボードを接続して、モーター制御やA/D変換などに手軽に対応することができます。また、「ダイレクトCPUバスモード」(*1) では、より高速なデータ伝送が可能です。 さらに、タッチパネル液晶インターフェースを搭載しているほか、動作時の消費電力も1.2Wと省電力設計です。スマートグリッド時代に欠かせない「スマートメーター」などの産業用の組込み機器の量産にも適しています。

アットマークテクノは、開発に必要なケーブル類などを同梱した「Armadillo-460ベーシックモデル開発セット(型番:A4601-D00Z)」を2011年7月13日に発売します。発売に先立ち、2011年5月10日から取扱代理店各社にて先行予約受付を開始します。 また、2011年5月11日~5月13日まで東京ビッグサイトで開催される「第14回組み込みシステム開発技術展(ESEC2011)」において、Armadillo-460を展示する予定です(西棟/ブースNo.西9-1)。

Armadillo-460本体
Armadillo-460について
■Armadillo-460の主な特長
  • ARM9(Freescale i.MX257, CPUクロック400MHz)搭載
  • 128MB RAM、32MBフラッシュメモリ搭載
  • Linuxプリインストール(Google AndroidTM、Windows® Embeddedにも対応可能)
  • 拡張バス搭載(PC/104拡張バス互換モード、ダイレクトCPUバスモード対応)(*1)
  • USB、LAN、シリアルインターフェース、SDスロット搭載
  • タッチパネル液晶インターフェース搭載
  • 無線LANモジュール「Armadillo-WLAN」併用で無線LAN対応が可能
  • 消費電力1.2W程度の省電力設計、スリープモード搭載
  • 動作温度範囲-20℃~+70℃対応

(*1)ダイレクトCPUバスモード:CPUバスに直接信号接続し、高速アクセスが可能なモード。

■Armadillo-400シリーズのハードウェア互換性(拡張インターフェース部)
Armadillo-400シリーズの拡張バス
先行予約について
  • 製品名:Armadillo-460ベーシックモデル開発セット
  • 型番:A4601-D00Z
  • 製品価格:44,100円(税込)
Armadillo-460ベーシックモデル開発セット/拡張バス搭載の新モデル
先行予約の申し込み方法

下記の代理店窓口からお申込みください。



「Armadillo-400」シリーズについて

Armadillo-400シリーズは、アットマークテクノが開発した、小型・省電力・低価格の組み込みプラットフォーム「Armadillo(アルマジロ)」シリーズの最新ラインアップです。ARM9プロセッサを搭載した CPUボード上に、オープンソースソフトウェアのLinuxが標準OSとしてプリインストールされ、アプリケーション部分を開発するだけで、さまざまな組み込みシステムを実現することができます。小型サイズで動作温度範囲が広く(-20℃~+70℃対応)、産業用の組み込み機器の量産にも適していることが大きな特長です。「Armadillo-WLAN」との併用で無線LAN対応も可能です。 詳細は、製品Webページ http://armadillo.atmark-techno.com/products をご覧ください。

アットマークテクノについて

株式会社アットマークテクノは、1997年11月に設立されたシステムハウスです。Linux対応、省電力設計の組み込み機器向け小型ボードコンピュータの開発・製造・販売を行っています。自社ブランド製品として、ARM搭載・省電力設計のCPUボード「Armadillo(アルマジロ)」、 Xilinx社製FPGAを搭載したモジュール「SUZAKU(朱雀)」を提供しています。詳細は http://www.atmark-techno.com/ をご覧ください。

お問い合わせ
Armadilloシリーズのご購入について
株式会社アットマークテクノ 横浜営業所
本リリースについて
株式会社アットマークテクノ 営業部広報グループ

*「Armadillo」「SUZAKU」は、株式会社アットマークテクノの商標または登録商標です。*「Windows」は米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。*「Google」「Android」は米国Googleの商標または登録商標です。*その他このプレスリリースに記載されている会社名および製品名は、各社・各団体の登録商標または商標です。TMおよび®マークは記載していない場合があります。