※本プレスリリース中の消費税記載は、発表時の税率に基づいています。その他記載の価格情報・製品情報は発表時点のものであり、変更されている場合がありますのでご注意ください。

ARM9搭載Linux対応小型CPUボード「Armadillo-420」発売 ~小型・低価格なArmadillo-220の特長を引き継ぎ、性能大幅アップ~


2010年5月10日


株式会社アットマークテクノ(本社:札幌市中央区、代表取締役:実吉 智裕)は、通信や周辺機器の制御に必要な汎用インターフェースを標準搭載したLinux対応でARM9搭載の小型・低価格CPUボード「Armadillo-420(アルマジロ-420)」を発売します。

「Armadillo-420」は小型・低価格なCPUボード「Armadillo-220」の後継機で、機能と外形を引き継ぎ同サイズのケースに収めることが可能です。性能はArmadillo-220と比較して格段に向上し、CPUクロックは2倍の400MHz、RAM/フラッシュメモリも2倍の容量となったほか、USB High Speed(480Mbps)に対応、MicroSDスロットも搭載しています。OSとしてLinuxを標準搭載しているので、オープンソースのソフトウェア資産を活用しやすく、開発が簡単です。
利用用途としては、ネットワークに対応したICカードリーダー、データロガー、監視装置などが想定されます。また、動作温度範囲-20~70℃に対応しているため、野外設置の監視カメラや計測装置にも採用しやすい仕様です。

動作時の消費電力が1W程度と省電力設計である点も大きな特長です。さらに、株式会社ユビキタスの高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot(ユビキタス クイックブート)」にも対応する予定です。QuickBootと組み合わせると、ゼロ待機電力が実現できるので、バッテリー動作する装置やソーラー発電で動作する装置などにも利用することができます。

Armadillo-420は、開発に必要なケーブル類やDVD-ROMなどを同梱した「Armadillo-420ベーシックモデル開発セット」(型番:A4200-D00Z)、および量産ボード2種類を2010年5月24日に発売(5月11日から受注開始)します。量産用ボードは1台から購入することができ、100台一括購入時の単価は18,000円程度と、数百~数千台程度の中小規模の量産に適した価格帯です。

発売に先立ち、2010年5月12日(水)~5月14日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第13回組込みシステム開発技術展(ESEC2010)」のアットマークテクノブース(ブースNo.東39-1)で展示します。

Armadillo-420ラインアップ
■Armadillo-420ベーシックモデル開発セット
・型番:A4200-D00Z
・価格:35,700円(税込)
■Armadillo-420量産ボード(リード部品未実装・部品付)
・型番:A4200-B00Z ※リード部品(JTAGコネクタを除く)を添付
・価格:OPEN
■Armadillo-420量産ボード(リード部品実装済)
・型番:A4200-U00Z ※部品類実装済み(A4200-D00Z同梱の本体と同様の実装状態)
・価格:OPEN
株式会社アットマークテクノについて

株式会社アットマークテクノは、1997年11月に設立されたシステムハウスです。Linux対応、省電力設計の組み込み機器向け小型ボードコンピュータの開発・製造・販売を行っています。自社ブランド製品として、ARM搭載・省電力設計のCPUボード「Armadillo(アルマジロ)」、 Xilinx社製FPGAを搭載したモジュール「SUZAKU(朱雀)」を提供しています。
詳細は http://www.atmark-techno.com/ をご覧ください。

本リリースに関するお問い合わせ先
■株式会社アットマークテクノ営業部

※「Armadillo」は、株式会社アットマークテクノの登録商標です。その他このプレスリリースに記載されている会社名および製品名は、各社・各団体の登録商標または商標です。TMおよび®マークは記載していない場合があります。