アットマークテクノ、EMS-JPグループと組み込み機器のカスタマイズ開発サービスを開始~ 超小型CPUモジュール「Armadillo-500」を利用 ~


2007年11月1日

株式会社アットマークテクノ
EMS-JPグループ

株式会社アットマークテクノ(本社:北海道札幌市、代表取締役 実吉 智裕)と電子機器に特化した製造業コンソーシアムEMS-JPグループ(所在地:東京都世田谷区、事務局長 岡 祐之)は、アットマークテクノ社の超小型CPUモジュール「Armadillo-500(アルマジロ-500)」を利用した組み込み機器のカスタマイズ開発サービスを開始します。

「Armadillo-500」はARM11プロセッサを搭載した超小型のCPUモジュールです。名刺の1/3程度という小型サイズながら動画処理まで実現する高い処理能力を持ち、かつ1W(ワット)以下の低消費電力を実現しています。
組み込み機器に必要な中核部分にArmadillo-500を用い、要求仕様に応じて各種インターフェース部分をカスタマイズ作成した拡張ボードと組み合わせることで、様々な組み込み機器を短期間かつ低コストで開発することができます。Armadillo-500は設計難易度が高い中核部分を高度に集積しているので、比較的容易に設計できる拡張ボード部分だけをカスタマイズ作成することで、各種の要望に応えることが可能となるからです。

このたび開始するサービスは、EMS-JPグループがアットマークテクノから提供されるArmadillo-500とその関連技術を元に、グループの開発力と製造力を活かしたお客様向けのカスタマイズを行うもので、多品種少量生産の「ものづくり」をワンストップで提供するサービスの実現を目指します。

EMS-JPグループは電子機器の製造業コンソーシアムで、2007年10月現在40社以上の企業が加盟しています。本サービスの開始に伴い、電子回路やプリント基板、樹脂や金属などの筐体の機構などハードウェアに関する開発・製造企業、アプリケーションソフトからデバイスドライバまでソフトウェアに関する開発企業など、さまざまな分野で強みを持つグループ内の各企業が「Armadilloカスタマイズパートナー」として集い、お客様の各種のご要望にきめ細かく応えてまいります。

サービスの開始に先立ち、2007年11月14日(水)~16日(金)までパシフィコ横浜にて開催される「組込み総合技術展ET2007」のアットマークテクノ社ブース(ブースNo.F-01)にて、Armadillo-500の展示を行うとともに、「Armadillo-500カスタマイズ相談会」を開設します。「Armadillo-500カスタマイズ相談会」では、ソフトウェア開発からハードウェア開発、機構設計、製造・量産などArmadillo-500を使用した組み込み機器の開発に関する各種のご相談を受け付けます(※要事前予約、空き時間に応じて当日の予約も一部可。お申込み方法はアットマークテクノWebサイトに掲載)。

EMS-JPグループ(EMS-JP group)

EMS-JPグループは、2005年5月に中心企業5社(コアスタッフ株式会社、株式会社NTマイクロシステムズ、吉田工業株式会社、株式会社アイテス、ノダネーム株式会社)が中心となって設立されたコンソーシアムです。電子機器の製造・開発に特化した関連企業約41社で構成され、「jpポータル」という独自のWebサイト(http://www.ems-jp.net/)をグループ内で活用し、電子機器に関する案件を積極的に受注しています。

株式会社アットマークテクノ(Atmark Techno, Inc.)

株式会社アットマークテクノは、 1997年11月に設立されたシステムハウスです。マイコンを使用した組み込み機器のハードウェア/ソフトウェアの総合的な開発を得意とし、Linux に対応した小型CPUボードを中心に、情報家電向けに特化した技術開発を行っています。

カスタマイズパートナー
お問合わせ先
この件に関するお問合わせは下記へお願いいたします。
■株式会社アットマークテクノ 営業部
■EMS-JPグループ 事務局

※「Armadilloカスタマイズ相談会」へのお申込みは、アットマークテクノ社営業部にて承っております。お申込み方法はこちらをご覧ください。
※記載の会社名および商品名は、各社・各団体の商標または登録商標です。