Zigbee、3軸加速度センサ、Armadillo-500を組み合せた遠隔操作カメラシステムを開発~コアスタッフ、サムシングプレシャス、アットマークテクノ共同にて~


2007年10月1日

株式会社アットマークテクノ
コアスタッフ株式会社
株式会社サムシングプレシャス

半導体商社のコアスタッフ株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役 戸沢正紀)、システムハウスの株式会社サムシングプレシャス(本社:北海道札幌市、代表取締役 古賀信哉)、システムハウスの株式会社アットマークテクノ(本社:北海道札幌市、代表取締役 実吉智裕)の3社は共同で、米国Freescale Semiconductor社の3軸ワイヤレス検知リファレンス・ボード「ZSTAR(ゼットスター)」とアットマークテクノ社の超小型CPUモジュール「Armadillo-500(アルマジロ500)」を組み合わせ、手元の無線コントローラでインターネットの接続環境下にある遠方のカメラを操作できるシステムを開発いたしました。

本システムで利用している3軸ワイヤレス検知リファレンス・ボード「ZSTAR」は、3軸加速度センサ(*1)チップとZigbee(*2)トランシーバチップを採用した小型のモジュールです。また、「Armadillo-500」は、アットマークテクノ社が開発した高性能ARM11搭載の超小型CPUモジュールで、CPUにFreescale社製のi.MX31Lを採用し、OSはLinux、Windows Embedded CE、ITRONにマルチ対応しています。
省電力のZigbeeおよびArmadillo-500の機能を活用することにより、従来実現不可能だった新たなアプリケーションを提案していくことが可能となります。

本システムでは、サムシングプレシャス社においてソフトウェア開発を行い、3軸の加速度センサから得られた加速度データの変化をもとに、センサモジュールの動きをカメラの動きに反映させる仕組みを実現しました。Armadillo-500に搭載されたi.MX31Lプロセッサの高い計算能力を利用して、ジャイロや地磁気センサを併用せずに、3軸の加速度センサのみを用いてセンサモジュールの動きを検出します。将来的には、重力加速度に対する補正処理の精度を向上させることにより、センサモジュールの回転動作検出機能を強化して、加速度センサを入力デバイスに用いる際の部品点数を削減することを狙っています。


システムの概要
  • 手元の無線コントローラ―を操作することにより、インターネットで接続された遠方のUSBカメラを上下左右に操作できます。
  • Armadillo-500上で3軸加速度センサから得た加速度データを高速に加工することにより、センサモジュールの動きを検出します。
  • 検出したセンサモジュールの動作を、USBカメラの動きに反映します。

本システムの概要図

本システムは、2007年10月2日(火)~6日(土)まで幕張メッセにて開催される、最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN」のコアスタッフ社ブース(ホール8半導体ゾーン、ブース番号:8C17)にて、デモンストレーション展示いたします。


コアスタッフ株式会社について

コアスタッフ株式会社は、2000年12月に設立された半導体・電子部品商社です。アットマークテクノ社を始めとする各メーカーの代理店として活動するのと同時に、製品企画・製造まで深く関わり、ものづくりの上流工程からのサポートを得意としています。その他、16,000点を超える半導体・電子部品の自社在庫を保有しセットメーカーの短納期受注に対応しています。
コアスタッフについての詳細な情報はhttp://www.corestaff.co.jp/をご覧ください。

株式会社サムシングプレシャスについて

株式会社サムシングプレシャスは、2004年10月に設立されたシステムハウスです。組み込み機器向けのミドルウェア層の開発を得意とし、ARMコア向けのWinCEの移植も手がけています。デジタル放送受信機を始め、ネットワーク対応のデジタル情報家電分野において、ミドルウェア層からアプリケーションまでの一貫した開発サービスを提供します。
サムシングプレシャスについての詳細な情報はhttp://www.stprec.co.jp/をご覧ください。

株式会社アットマークテクノについて

株式会社アットマークテクノは、 1997年11月に設立されたシステムハウスです。マイコンを使用した組み込み機器のハードウェア/ソフトウェアの総合した開発を得意とし、Linux に対応した小型CPUボードを中心に、情報家電向けに特化した技術開発をおこなっています。
アットマークテクノについての詳細な情報はhttp://www.atmark-techno.com/をご覧ください。

お問合わせ先
この件に関するお問合わせは下記へお願いいたします。
■株式会社アットマークテクノ 営業部

(*1) 3軸加速度センサ:X、Y、Z軸の加速度に対応し、傾き、移動、ポジショニング、衝撃、および振動から発生する力の変化を検出する。
(*2) Zigbee:情報家電向けの短距離無線規格の一つ。転送距離が短いことと、低速であるが安価で消費電力が少ないことが最大の特徴。今後は情報家電ネットワークや玩具の分野などでの採用が期待されている。
(*) 記載の商品名および会社名は、各社・各団体の商標または登録商標です。