ザイリンクスの「XPERTS」パートナーに認定


組込み機器開発のシステムハウスであります株式会社アットマークテクノ(本社:札幌市厚別区厚別西2-2-3-14、代表取締役 実吉智裕)は最先端のプログラマブル ロジック ソリューションを提供しているザイリンクス社(本社:米国カリフォルニア州、NASDAQ:XLNX)と提携し、日本で8番目の「XPERTS」パートナーとなりました。

 アットマークテクノはザイリンクス社の最新鋭のプログラマブルロジック(FPGA)「Spartan-3」を採用した「SUZAKU〔朱雀〕」を昨年11月に発表し、今年5月から出荷を開始しました。SUZAKUはFPGA上にザイリンクス社製ソフトプロセッサ「MicroBlaze」を構成し、その上で動作するOSとしてLinuxを採用した新しいスタイルの組込み機器プラットフォームです。機器開発メーカは、「SUZAKU」を採用することによって、FPGAの持つ柔軟性とLinuxの持つソフトウェア資産を容易に使えるようになり、機器開発の期間短縮とコストの削減をすることができます。

 この「SUZAKU」を開発した高い技術力が認められ、ザイリンクス社の設定した認定基準をクリアし、「XPERTS」パートナーとして正式に登録されました。「XPERTS」パートナーとは、ザイリンクスPlatform FPGA、ソフトウェア、IP コアの機能をフルに活用するための指導を受けた、世界各国のザイリンクス・サードパーティ認定デザイン・サービス・センタです。

 アットマークテクノは「SUZAKU」を中核として、ザイリンクス社のFPGAを生かした製品販売やデザインサービスを日本内外に向けて展開していく予定です。

■ ザイリンクス株式会社 荒井本部長 様のコメント

「アットマークテクノ社はμCLinuxを熟知した日本でも独自性の高いハイテックカンパニと高く評価しています。ザイリンクスの強力なXPERTSメンバとして今後の活動に期待します。」

■ 株式会社アットマークテクノ 代表取締役 実吉智裕のコメント

「ザイリンクス社のXPERTSメンバに認定していただいたことを大変誇りに思います。組込み機器開発において、FPGAはより短いTime-to-Marketの実現や多様化した製品開発の要求を満たすために必要不可欠になってきています。機器開発者にFPGAをより活用していただけるような製品供給やサービスを展開していきたいと考えています。」



〔写真〕 SUZAKU

■ アットマークテクノについて

株式会社アットマークテクノは、 1997年11月に設立されたシステムハウスでマイコンを使用した組込み機器のハードウェア/ソフトウェアの総合した開発を得意としています。Linuxに対応した小型CPUボードを中心に、情報家電向けに特化した技術開発を行っています。同社についての詳細な情報はホームページ http://www.atmark-techno.com/ で公開しています。

■ ザイリンクスについて

ザイリンクス社 (NASDAQ:XLNX) は、プログラマブル ロジックソリューションを提供する世界的なリーダー企業です。1984 年に創立され、米国カリフォルニア州サンノゼに本社があります。日本においては、1989年にザイリンクス株式会社を設立し、FPGA および CPLD 製品とその開発支援システムの販売とサポートを積極的に行っています。同社についての詳細な情報は日本語対応ホームページhttp://www.xilinx.co.jp/で公開しています。