ArmadilloがSalesforce1 Platform/Herokuに対応 ~Salesforceクラウドプラットフォームと連携するIoTシステム開発が可能に~


アットマークテクノ

2014年12月4日
株式会社アットマークテクノ

ArmadilloがSalesforce1 Platform/Herokuに対応
~Salesforceクラウドプラットフォームと連携するIoTシステム開発が可能に~

株式会社アットマークテクノ(本社:札幌市、代表取締役:実吉 智裕、以下「アットマークテクノ」)のIoT向けゲートウェイ「Armadillo-IoT(アルマジロ・アイオーティ)」が、PaaS[*1]型クラウドサービス「Heroku」に対応し、株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼CEO:小出 伸一、以下「セールスフォース・ドットコム」)のIoT/M2M活用支援サービス「Salesforce1 IoTジャンプスタートプログラム」の導入コンサルティングパートナーと協力して、IoTを活用した新規サービスを導入したい企業向けに、ワンストップでIoTシステムを構築する体制を整えました。

昨今注目されている「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」は各種のセンサの情報をインターネットに接続し収集したデータをビッグデータとして解析することで、さまざまな新しいサービスを生み出そうという概念です。しかしその実現のためには、センサの接続手段やセンサからのデータ取得方法など組み込み技術に関する知識から、クラウドへの大量のデータ転送やデータベースへの保存、表示などスケーラブルなWebサービス構築に関する知識、さらにはビッグデータの解析手法まで、幅広いレイヤの技術知識が必要とされ、IoTシステム開発のネックとなっていました。
アットマークテクノは、IoTゲートウェイ「Armadillo-IoT」を、高いスケーラビリティと開発生産性を併せ持つHerokuに対応させることで、これらの問題への解決法を提供します。

Armadillo-IoTは、各種センサとインターネットの接続を中継するIoT向けゲートウェイです。専用の「アドオンモジュール」を活用することでさまざまな機能を拡張でき、ハードウェアの自由度が高いことが特長です。RS232C/422/485、接点入出力など一般的なセンサ接続に広く使われるインターフェースの他、EnOceanやWi-SUNなど新しい省電力無線通信規格にも対応可能です。LinuxがプリインストールされJavaやRubyにも対応し、さらにMQTTクライアント[*2]やfluentd[*3]など、クラウドサービスと親和性の高いソフトウェアスタックが用意され、ソフトウェア面でも開発の自由度と開発しやすさの両立を図っています。

Herokuは、クラウド環境でカスタムアプリケーションを開発、導入、運用することができるプラットフォームです。アプリケーションのクラウドへのデプロイ[*4]をシンプルなコマンド1つで実行でき、開発者はサーバーの管理に悩むことなくアプリケーションの開発に集中することができます。またHerokuには簡単に機能を追加するためのアドオンの仕組みがオープンな仕様で用意されています。すでに多くの企業からこの仕組みを利用したアドオン機能が提供されているため、Heroku上で新たなサービスを開発する際には、必要なアドオンをピックアップして効率よく開発を進められる手軽さが大きな特長です。Herokuはセールスフォース・ドットコムが提供するクラウドプラットフォームSalesforce1 Platformの一貫として、同社の子会社Heroku社によりサービス提供されています。

アットマークテクノではセールスフォース・ドットコムの認定コンサルティングパートナーである株式会社ウフル(本社:東京都港区、代表取締役:園田 崇)、株式会社フレクト(本社:東京都渋谷区、代表取締役:黒川 幸治)と協業を進め、セールスフォース・ドットコムのSalesforce1 Platformと連携した高い付加価値を持つIoTシステムを構築するサービスを提供します。Armadillo-IoTとHeroku、Salesforce1 Platformを連携させ、Armadillo-IoTからHerokuに収集した「モノからの情報」を、Salesforce1 Platform上で「人が見て理解できる情報」として分析・表示する開発をフレクト、ウフルの両社が請け負うことで、IoTシステムの構築からサービスインまでをスムーズにかつ短期間で実現します。

アットマークテクノは、2014年12月発売予定の「Armadillo-IoT ゲートウェイ スタンダードモデル開発セット(型番:AG401-D00Z、価格:税別49,500円)」に、簡単な設定だけでArmadillo-IoTのデータをHerokuに自動送信できるサンプルプログラムを標準添付します。サンプルプログラムのソースコードはアットマークテクノWebサイトで公開される予定で、I/O部分を制御するコードを追加開発するだけで、さまざまなセンサの接続を実現することができます。

概念イメージ図

[*1] PaaS(Platform as a Service): Webアプリケーションサービスの基盤となるWebサーバーソフトウェアやデータベースなどのミドルウェア部分を提供するプラットフォームサービス。アプリケーションサービスのみを提供するSaaS(Software as a Service)に比べ、利用者(サービス開発者)側の自由度が高いのが特徴。
[*2] MQTT(Message Queing Telemetry Tlansport): TCP/IPネットワーク上で利用できるパブリッシュ/サブスクライブ型のメッセージングプロトコル。双方向、1対多の通信が可能で、センサーなど少ないリソースで動作するデバイスでも軽量かつ効率的な通信が可能なようにデータパケットが小さいことが特徴。
[*3] fluentd: 多数のサーバーで発生するログを一元的に収集・管理するためのログ収集基盤として開発されたオープンソースソフトウェア。集めたログをビッグデータ解析基盤と連携することが容易という特徴を持つ。センサーデータは時系列で発生するサーバーログと同様の性質を持っているため、IoT分野でも注目されている。
[*4] デプロイ:開発したソフトウェアを利用できるように実際の運用環境に展開・配置すること。

株式会社セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォースは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップ*のCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。
セールスフォースの詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

株式会社ウフルについて

ウフルとはスワヒリ語で「自由」を意味する言葉です。ウフルは、自由な発想でインターネットの未来を切り開くべく、次世代インターネットの主流とされるクラウド・コンピューティングを事業ドメインの中心に据え、企業によるクラウドサービス活用戦略の立案、導入・運用定着化ご支援、既存システムとのシステム連携開発などをワンストップでご提案いたします。セールスフォース・ドットコム(Value Added Reseller)、Google(Google AppsTM Authorized Reseller)、アマゾン(APN Consulting Partner)、マイクロソフト(Cloud Accelerate)等のパートナーとして、多くの企業様へのクラウドサービス導入をご支援しています。
ウフルの詳細は、 http://uhuru.co.jp/をご覧ください。

株式会社フレクトについて

フレクトは、 Salesforce1 Platformを中心としたソフトウェア開発・コンサルティング事業等を行っています。創業時から続くB2CのWebアプリケーション構築事業で培った技術によるソフトウェア開発力、およびデザイン制作力を強みに、HerokuとForce.comを連携させたソフトウェア開発には特に多くの実績を持っています。同時に、Herokuについては国内に数社しかいない開発パートナーとして高い専門性を持つエンジニアを多く有し、ソフトウェア開発だけではなく、技術コンサルティング/サポート、エンジニア向けトレーニングなどのサービスも提供しています。
フレクトの詳細は、 http://www.flect.co.jp/ をご覧ください。

株式会社アットマークテクノおよびArmadillo-IoTについて

アットマークテクノは、札幌に本社を構える組み込みプラットフォームの開発メーカーです。ARM搭載組み込みプラットフォーム「Armadillo(アルマジロ)」、FPGA搭載「SUZAKU(朱雀)」の2ブランドを展開しています。Armadillo-IoTは、Armadilloの技術を応用して開発されたIoTゲートウェイです。データロガーや監視・制御機器などに幅広く利用されているArmadilloの特長を踏襲し、省電力・耐環境性に配慮した堅牢な設計です。また、Linuxプリインストールでカーネルやデバイスドライバ、基本的なアプリケーションはオープンソースソフトウェアとして提供され、開発環境も無償公開しています。
アットマークテクノの詳細は、 http://www.atmark-techno.com/ をご覧ください。

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社アットマークテクノ


Armadillo-IoTに関する詳細情報(Armadilloサイト)

※「Armadillo」「SUZAKU」は、株式会社アットマークテクノの商標または登録商標です。その他このプレスリリースに記載されている会社名および製品名は、各社・各団体の登録商標または商標です。TMおよび®マークは記載していない場合があります。