大日本印刷・コネクシオ・アットマークテクノ 、M2M/IoTシステムの構築を支援するワンストップサービスの提供を開始 -クラウドプラットフォーム、ネットワーク環境、ゲートウエー端末などを一括で提供 -


アットマークテクノ

2014年11月19日
大日本印刷株式会社
コネクシオ株式会社
株式会社アットマークテクノ

大日本印刷 コネクシオ アットマークテクノ
M2M/IoT システムの構築を支援するワンストップサービスの提供を開始
~クラウドプラットフォーム、ネットワーク環境、ゲートウエー端末などを一括で提供~

大日本印刷株式会社(以下:DNP)とコネクシオ株式会社(以下:コネクシオ)、株式会社アットマークテクノ(以下:アットマークテクノ)は、DNPのデータセンターを利用したクラウドプラットフォームと、コネクシオのネットワークインフラ、アットマークテクノのゲートウエー端末などを組み合わせ、M2M(Machine-to-Machine:機器間通信)/IoT(Internet of Things:モノのインターネット化)システム構築をワンストップで支援するサービスを2015年春に開始します。

新サービス開始の背景

近年、ネットワークでつながった機器同士が、各種センサーで取得したデータ等をやり取りするM2Mを活用して、工場内の生産設備の集中制御やエレベーターの稼働状況の遠隔監視などを行うサービスが注目を集めています。このM2Mに、人が操作する端末との接続も加え、例えば外出先から自宅の電化製品を操作するといったIoTによる利便性の高いサービスも増えています。今後、センサーやネットワークの技術の進展に従い、本格的なM2M/IoTサービスの普及が進むと期待されています。 今回、DNPとコネクシオ、アットマークテクノは、各社の製品・サービスを組み合わせ、安心・安全なM2M/IoTシステムの構築に必要なクラウドプラットフォーム、ネットワークインフラ、ゲートウエー端末、NFC(*1) モジュール、通信機器などを提供するサービスを開始します。3社連携によるワンストップサービスにより、企業は、安全なM2M/IoTシステムを、短期間で構築できるようになります。

* NFC: 近距離無線通信の国際規格

ワンストップで提供する製品・サービス
1. クラウドプラットフォーム (DNP)

DNPが運営するDNP柏データセンターを利用し、M2M/IoTサービス用のクラウドプラットフォームを提供します。同センターは、高い情報セキュリティと耐震性を備えるとともに、環境負荷低減にも配慮しています。
本プラットフォームに、センサーが取得した様々なデータを活用するアプリケーションを導入することで、稼働監視、温度監視、自動制御、遠隔操作などのサービスが利用できます。個人情報などの重要データを安全に守り、複数のクラウドアプリケーションの連携とデータの相互利用を可能にします。

全体イメージ図
2. ネットワークインフラと各種通信機器 (コネクシオ)

コネクシオは、特殊車両や自動販売機向けをはじめとするM2M/IoTサービスに20万台以上の通信機器の納入実績があり、その実績を通じて培ったノウハウを活かし、用途に合わせてネットワークサービスと各種通信機器を提供します。ゲートウエー端末とクラウドプラットフォームを結ぶ3GなどのWAN(Wide Area Network)、各種センサーとゲートウエー端末を結ぶWi-Fi、Bluetooth、920MHzなどのLAN/PAN(Personal Area Network)を構築します。また、センサーや通信モジュールの組み込み先となる機器やサービスに合わせて、回線速度の設定や各種ハードウエア/ソフトウエアのカスタマイズ対応を行います。

3. 柔軟なカスタマイズが可能なゲートウエー端末「Armadillo(アルマジロ)- IoT」(アットマークテクノ)

アットマークテクノ製Armadillo-IoTは、センサー搭載の各種機器に接続され、センサーが収集したデータを集約し、3G回線またはWi-Fi経由でクラウドプラットフォームにデータを送信するゲートウエー端末です。CPUボード「Armadillo」を搭載しているため、導入企業が開発したアプリケーションのインストールや拡張インターフェースボードの追加など、さまざまな用途への対応が可能です。

*1 Armadillo、Armadillo-IoTの詳細は、アットマークテクノのWebサイト(http://armadillo.atmark-techno.com/)をご覧ください。
*2 2014年11月19~21日にパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」のアットマークテクノのブースで、Armadillo-IoTを紹介します。

4. Armadillo-IoT用アドオンモジュール (コネクシオ / DNP)

DNPとコネクシオは、Armadillo-IoTに機能を追加するためのアドオンモジュールを開発します。M2M/IoTサービスが高度化し、重要データのセキュリティが課題となる中、DNPがICカード事業で培ったデジタルセキュリティ技術とコネクシオの組み込み開発技術を応用し、セキュリティ機能を追加するためのアドオンモジュールを、2015年春までに開発する予定です。このアドオンモジュールを追加したArmadillo-IoTを利用することで、センサーが取得したデータのサイバー攻撃による漏洩・不正改ざん、ゲートウエー端末内部のアプリケーションの不正改ざん、ゲートウエー端末の不正改造・成りすましなどの脅威を防ぐことが可能になります。

5. NFCモジュール (DNP)

NFC機能を機器に容易に付与できる小型の組み込みモジュールです。NFC対応のスマートフォンやタブレット端末を介した機器間のデータ通信を実現します。また、スマートフォンや非接触ICカードによるユーザー認証などにも利用でき、人と機器がつながる、より生活者に密着した新しいIoTサービスを実現します。

今後について

3社は、個人情報を含む機密性の高いデータを取り扱う自動車業界やリテール業界を中心に、本ワンストップサービスを販売し、2017年度に10億円の売上を目指します。

各社について
大日本印刷株式会社

 本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円

コネクシオ株式会社

 本社:東京 代表取締役社長:井上裕雄 資本金:27億円

株式会社アットマークテクノ

 本社:北海道 代表取締役: 実吉智裕 資本金:9千万円



Armadillo-IoTに関する詳細情報(Armadilloサイト)