量産向けCPUボードで実践的に学べる組み込み開発トレーニングコース開講~QtでのGUI開発、Linuxデバイスドライバ開発など~


アットマークテクノ

2013年11月18日
株式会社アットマークテクノ

量産向けCPUボードで実践的に学べる組み込み開発トレーニングコース開講
~QtでのGUI開発、Linuxデバイスドライバ開発など~


ARM+Linux組み込みプラットフォーム「Armadillo(アルマジロ)」の株式会社アットマークテクノ(本社:札幌市、代表取締役:実吉智裕)は、パートナーとの協力により、Armadilloブランドの組み込みCPUボードを教材とした組み込み開発向けトレーニングプログラムを開始します。

この度開講されるトレーニングプログラムは、組み込み機器を開発・製品化する上で便利なツールや開発手法について、それぞれの分野を得意とするパートナー各社が各コースを担当して実施するものです。実習の教材として、組み込み機器の製品化に実際に使われているアットマークテクノ製組み込みCPUボードブランド「Armadillo」の製品を利用します。評価用の教材ではなく、実際に製品化に使用するCPUボードを使ったトレーニングを受講することで、より実務的な技術知識を得ることができることが、参加者にとっての大きな利点の一つです。

第一弾として、2013年12月より、アットマークテクノのパートナーである株式会社SRAとリネオソリューションズ株式会社の2社が組み込みソフトウェア開発に関するトレーニングコースを開講します。

●株式会社SRA:Qtトレーニング

株式会社SRAは、日本におけるGUIフレームワーク「Qt」のリーディングカンパニーです。約1,000名のエンジニアを擁する独立系SIベンダーで、2003年よりQtを使用した家電・車載向け組み込みシステム開発、組み込み機器へのポーティング、コンサルテーション、サポートサービス、ライセンス販売まで、Qtに関係するあらゆる支援を行っています。その経験を活かし、ArmadilloとQtで組み込みGUI開発を行うためのトレーニングを実施します。

●リネオソリューションズ株式会社:Linuxデバイスドライバ開発トレーニング

リネオソリューションズ株式会社は、組み込みLinuxをコアとして開発環境やソリューションサービスを提供しています。各種のプロフェッショナル向け開発サービスの経験を活かして、Armadilloを教材としたLinuxデバイスドライバ開発トレーニングを実施します。

上記2社のトレーニングコースでは、ARM9プロセッサを搭載しタッチパネル液晶インターフェースにも対応した組み込みCPUボード「Armadillo-440」を使用します。いずれも、期間限定キャンペーン中に限り、トレーニング受講者に対して「Armadillo-440 液晶モデル開発セット(標準価格48,000円相当)」1台が無償提供されます。

Armadillo-440液晶モデル開発セット

Armadillo-440液晶モデル開発セット
※Armadillo-440の詳細情報

アットマークテクノでは今後も、各分野のパートナーとの連携により、組み込み機器開発に関するトレーニングコースを拡充し、開発への一歩を踏み出しやすい体制づくりを進めていきます。


各トレーニングの詳細
●Qtトレーニング 組込みLinuxコース with Armadillo-440
主催 株式会社SRA
概要 GUIアプリケーションフレームワーク「Qt(キュート)」を使って、組込み機器のGUI開発を効率的に進めるためのトレーニングです。Qt for Embedded Linuxにより開発したGUIアプリケーションを実際に動作させます。
開催日 2014年1月22日~24日(3日間コース)
定員 8名(お申し込み先着順)
受講料 18万円(税別) ※Armadillo-440液晶モデル開発セットを含む。
詳細 https://www.sra.co.jp/qt/training/index.html
お申込・
お問い合わせ窓口
株式会社SRA 産業第1事業部 Qt営業担当
TEL:03-5979-2800
E-mail:qt-sales@sra.co.jp
お申し込みフォーム: https://www.sra.co.jp/qt/training/index.html#application
●Linuxデバイスドライバ開発講座
名称 Linuxデバイスドライバ開発講座
主催 リネオソリューションズ株式会社
概要 Linuxシステム、特にカーネルの動作についての基本的な理解をベースとして、デバイスドライバの原理やその振る舞いを理解するトレーニングです。実習ではサンプルコードを参考に小さなデバイスドライバを作成し、Armadillo-440に組み込む体験を通してその開発方法を習得します。
開催日 2014年2月24日~26日(3日間コース)
定員 5名(お申し込み先着順)
受講料 18万円(税別) ※Armadillo-440液晶モデル開発セットを含む。
【割引特典】
2013年12月開講の「組み込みLinux実践講座」受講者は、「Linuxデバイスドライバ開発講座」の受講料が14万円(税別)になる割引特典があります。
詳細 http://www.lineo.co.jp/
お申込・
お問い合わせ窓口
リネオソリューションズ株式会社 マーケティング統括部(担当:青池)
TEL:03-5367-9098
FAX:03-5367-9099
E-mail:sales@lineo.co.jp
※初級講座「Linux実践開発講座」の受講者も同時募集中です。
株式会社アットマークテクノ および「Armadillo」について

株式会社アットマークテクノは、組込み機器向けの小型・省電力CPUボードのメーカーです。主要ブランドとして、ARMプロセッサ搭載の組込みプラットフォーム「Armadillo(アルマジロ)」を開発・提供しています。Armadilloは初代機発売から10年超の販売実績を誇るブランドで、各シリーズともに試作・評価用途だけでなく製品化・量産向けにもそのまま利用できることが特長です。-20℃から+70℃までの動作温度に対応した製品もあり、産業用途の組込み機器に多くの採用実績があります。
アットマークテクノの詳細は、http://www.atmark-techno.com/ をご覧ください。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社アットマークテクノ

※「Armadillo」は株式会社アットマークテクノの商標です。
※ その他記載の商品名および会社名は、各社・各団体の商標または登録商標です。TMおよび®マークは省略しています。