デバイス運用管理サービス「node-eye」対応製品が拡大~Armadillo-IoTゲートウェイG3Lに対応~


デバイス運用管理サービス「node-eye(ノード・アイ)」が、新製品「Armadillo-IoTゲートウェイ G3L」に対応しました。

これにより、 i.MX 7Dual搭載ファミリの「Armadillo-IoTゲートウェイ G3L」「Armadillo-IoTゲートウェイ G3」「Armadillo-X1」全てにおいて、「node-eye」によるデバイスの遠隔監視・管理サービスをご利用いただけるようになりました。

対象製品をご購入のお客様向けに、3か月間お試しいただける無償トライアルサービスも実施しています。

詳細情報とお申込み方法については、以下記載の node-eyeサイト をご覧ください。

「node-eye」対応のi.MX 7Dual搭載ファミリ各製品

詳細は、以下Armadilloサイトからご覧ください。

Armadillo-IoTゲートウェイ G3L (詳細情報、Armadilloサイト)
Armadillo-IoTゲートウェイ G3(詳細情報、Armadilloサイト)
Armadillo-X1 (詳細情報、Armadilloサイト)

node-eyeについて

node-eyeは、IoTゲートウェイの稼働状況を確認するためのリソースの監視や管理、ファームウェアのアップデートなどの機能ををクラウド経由で実現するサービスです。
詳細は以下「node-eyeサイト」からご覧ください。マニュアルなど技術資料も公開しています。

  • IoTゲートウェイのリモート設定
  • IoTゲートウェイの死活監視とアラート告知
  • ファームウェアのリモートアップデート

など、IoTシステムの稼働状況の監視・管理に必要な機能を低コストで実現できるので、運用業務の効率化におすすめです。

無償トライアル

概要

  • 対象ユーザ:対象製品をご購入の法人様
  • トライアル期間: お申込みから3ケ月間
  • 費用: 無償
  • 対応ゲートウェイ数: 無制限(※ただし対象製品のご購入台数を上限とします)