Armadillo-500/500FXシリーズ開発セットにコンピューテックス社製Linuxアプリケーションデバッガ「C-Shark」評価版CD-ROMを同梱開始


2009年8月中旬以降に弊社出荷予定のArmadillo-500/500 FXシリーズの開発セットに、株式会社コンピューテックスのLinuxアプリケーションデバッガ「C-Shark」の評価版CD-ROM(試用期限:30日間)が同梱されます。
Windowsパソコン上での組み込みLinuxデバッグに最適な環境を無償でお試しいただけます。

「C-Shark」評価版が同梱される製品
  • Armadillo-500 FX液晶モデル開発セット(A542701-D00Z)
  • Armadillo-500開発セット(A5527-D00Z)
C-Sharkについて

Windowsパソコン上での組み込みLinuxデバッグに最適!
アプリケーションデバッガ「C-Shark」は、Linux従来型デバッガ"gdb"の弱点を解消し、組み込みLinuxアプリケーションのデバッグ効率の向上を実現したデバッガです。GUIベースで操作性抜群のWindows環境で使用できる高級言語デバッガ「CSIDE C-Shark」と、Linuxターゲット・システム内で動作する独自のCSIDEデーモンを採用しています。


※本添付品は予告なく配布が中止される場合がございます。あしからずご了承ください。