Armadillo BTOサービス:製品毎の選択項目について
Armadillo-IoTゲートウェイ G2

目次



各モジュールとアンテナケーブルの実装

アドオンモジュール

「Armadillo-IoTゲートウェイ G2」は、1台につき2種類のアドオンモジュールを搭載することができます(CON1、CON2に実装)。

アドオンモジュールの選択肢

下記のアドオンモジュールを選択いただけます。

アットマークテクノ製アドオンモジュール

外観 製品名称 型番 詳細情報
外観 Armadillo-IoT RS232Cアドオンモジュール RS00 OP-AGA-RS00-00 詳細情報
(Armadilloサイト)
外観 Armadillo-IoT 絶縁RS232C/422/485 アドオンモジュール RS01 OP-AGA-RS01-00 詳細情報
(Armadilloサイト)
外観 Armadillo-IoT 絶縁RS485アドオンモジュール RS02 OP-AGA-RS02-00 詳細情報
(Armadilloサイト)
外観 Armadillo-IoT 絶縁デジタル入出力/アナログ入力アドオンモジュール DA00 OP-AGA-DA00-00 詳細情報
(Armadilloサイト)
外観 Armadillo-IoT Wi-SUNアドオンモジュール WS00 OP-AGA-WS00-00 詳細情報
(Armadilloサイト)
外観 Armadillo-IoT EnOceanアドオンモジュール EN00 OP-AGA-EN00-00 詳細情報
(Armadilloサイト)
外観 RN4020アドオンモジュール OP-AGA-BT00-00 詳細情報
(Armadilloサイト)

サードパーティ製アドオンモジュール

サードパーティ製のアドオンモジュールを搭載したい場合は、別途ご相談ください。

  • サードパーティ製品の搭載はすべてお客様支給品に準じて取り扱います。あらかじめ、「Armadillo BTOサービスのご案内(各製品シリーズの共通事項)」の「お客様支給品の組み付け」の項目をご確認ください。
  • サードパーティ製品は、認識検査のみを実施して出荷します。弊社での動作確認等は行いませんのであらかじめご了承ください。
  • サードパーティ製品を搭載する場合、別途費用(BTO費用や初期費用の追加)が加算される場合があります。あらかじめご了承ください。詳細はお問い合わせください。

実装位置

「Armadillo-IoTゲートウェイ G2」1台につき、アドオンモジュールを2台まで登載できます。CON1、CON2のそれぞれについて、アドオンモジュールの搭載・非搭載、および搭載の場合はアドオンモジュールの種類を指定してください。

アドオンモジュールの装着位置

納品形態

本体に装着・ねじ止めして納品します。

▲ ページトップへ

3Gモジュール

推奨品

3Gモジュール「あり」を選択された場合は、以下の3Gモジュールを搭載します。

  • Sierra Wireless製 HL8548

外付けアンテナの選択肢

外付けアンテナの選択方法

BTOお申込みフォームの「3Gモジュール」欄で「あり」を選択すると、外付けアンテナの選択肢が表示されます。

BTOお申込みフォーム

3Gモジュールは、外付けアンテナ「なし」では使用できません。以下の専用アンテナをご購入いただくか、お客様側でご用意ください。

内容 参考型番 [*1] 納品形態 備考
アンテナセット OP-ANT-3GLTE-02K 「ケースあり」を選択された場合:
  • アンテナケーブルは、ボード本体に取り付けを行った上で納品します。 [*2]
  • アンテナ本体は、同梱して納品します。
「ケースなし」を選択された場合:
  • アンテナケーブルは同梱して納品します。
詳細情報(Armadilloサイト)
アンテナケーブルのみ なし 「ケースあり」を選択された場合:
  • アンテナケーブルは、ボード本体に取り付けを行った上で納品します。 [*2]
  • アンテナ本体は、同梱して納品します。
「ケースなし」を選択された場合:
  • アンテナケーブルは同梱して納品します。
OP-ANT-3GLTE-02Kのアンテナケーブル部のみ(通常アンテナケーブルのみの個別販売は行っておりません)。
お客様ご自身でアンテナ本体をご手配いただく場合を想定したメニューです(技適等もお客様ご自身でのご手配となりますのでご注意ください)。
アンテナなし なし 「ケースあり」を選択された場合:
  • 特にご指定ない場合は、ケースはネジ止めせずに納品します。
  • アンテナ本体は、同梱して納品します。
「ケースなし」を選択された場合:
  • アンテナケーブルは同梱して納品します。
お客様ご自身でアンテナ・アンテナ本体をご手配いただく場合を想定したメニューです(技適等もお客様ご自身でのご手配となりますのでご注意ください)。
※3Gモジュールはアンテナなしではご利用いただだけませんのでご注意ください。

[*1] オプション品を個別でご購入いただく場合の型番を参考情報として掲載しています。
[*2] 「ケースあり」を選択された場合、下図の赤丸位置(a)にアンテナケーブル(金具)を実装します。

3Gモジュールアンテナの装着位置

3G通信SIM

SIMの選択肢

3Gモジュール「あり」を選択された場合、SIM組み付けの有無を選択することができます。

SIM組み付けの選択方法

BTOお申込みフォームの「MicroSIMカード」欄で選択してください。

BTOお申込みフォーム
選択可能な項目 内容 備考
なし SIMを組み付けずに納品します。 お客様側でSIMの用意とキッティングを実施される場合を想定したメニューです。
支給品 あらかじめお客様から支給いただいたマイクロSIMカードを組み付けた上で納品します。 必ず、「Armadillo BTOサービスのご案内(各製品シリーズの共通事項)」の「お客様支給品の組み付け」の内容についてあらかじめご確認の上、お申込みください。
node-eyeモバイル接続オプション品 デバイス運用管理サービス「node-eye」のモバイル接続オプションをお申込みいただく場合は、該当のマイクロSIMカードをあらかじめ組み付けて納品します。 「node-eye」をご利用いただく場合のみ選択可能なメニューです。「node-eye」のお申込みについては、「node-eye(デバイス運用管理サービス)」の項目をご覧ください。

▲ ページトップへ

WLANモジュール

推奨品

WLANモジュール「あり」を選択された場合は、以下のモジュールを搭載します。

Armadillo-WLAN (AWL13)

Armadillo-WLANモジュール
  • ROHM製BP3591
  • IEEE802.11b/g/n対応(最大72.2Mbps)
  • 内蔵チップアンテナ搭載、外付けアンテナ対応
  • アクセスポイントモード対応

詳細情報(Armadilloサイト)

アンテナ本体

  • アンテナ本体は、同梱して納品します。

外付けアンテナの選択肢

外付けアンテナの選択方法

BTOお申込みフォームの「WLANモジュール」欄で「あり」を選択すると、外付けアンテナの選択肢が表示されます。

BTOお申込みフォーム

外付けアンテナの有無は、以下のパターンから選択してください。

内容 参考型番 [*1] 納品形態 備考
アンテナセット OP-ANT-WLAN-01W 「ケースあり」を選択された場合:
  • アンテナケーブルは、ボード本体に取り付けを行った上で納品します。 [*2]
  • アンテナ本体は、添付して納品します。
「ケースなし」を選択された場合:
  • アンテナケーブル、アンテナともに同梱して納品します。
詳細情報(Armadilloサイト)
アンテナケーブルのみ なし 「ケースあり」を選択された場合:
  • アンテナケーブルは、ボード本体に取り付けを行った上で納品します。 [*2]
「ケースなし」を選択された場合:
  • アンテナケーブルは同梱して納品します。
OP-ANT-WLAN-01Wのアンテナケーブル部のみ(通常アンテナケーブルのみの個別販売は行っておりません)。
お客様ご自身でアンテナ本体をご手配いただく場合を想定したメニューです(技適等もお客様ご自身でのご手配となりますのでご注意ください)。
アンテナなし なし 内蔵アンテナのみを利用する場合を想定したメニューです。

[*1] オプション品を個別でご購入いただく場合の型番を参考情報として掲載しています。
[*2] 「ケースあり」を選択された場合、下図の赤丸位置(b)にアンテナケーブル(金具)を装着して納品します。

WLANアンテナの装着位置

▲ ページトップへ

920MHz帯無線通信対応 外付けアンテナ

以下の920MHz帯無線通信対応アドオンモジュールをご採用の場合、専用の外付けアンテナを同時にご指定いただくことができます。

アットマークテクノ製920MHz帯無線通信対応アドオンモジュール

  • Armadillo-IoT Wi-SUNアドオンモジュール WS00(型番:OP-AGA-WS00-00)
  • Armadillo-IoT EnOceanアドオンモジュール EN00(型番:OP-AGA-EN00-00)

外付けアンテナの選択肢

外付けアンテナの有無は、以下のパターンから選択してください。

内容 参考型番 [*1] 納品形態 備考
アンテナセット OP-ANT-3GLTE-02K 「ケースあり」を選択された場合:
  • アンテナケーブルは、ボード本体に取り付けを行った上で納品します。 [*2]
  • アンテナ本体は、同梱して納品します。
「ケースなし」を選択された場合:
  • アンテナケーブルは同梱して納品します。
詳細情報(Armadilloサイト)
アンテナケーブルのみ なし 「ケースあり」を選択された場合:
  • アンテナケーブルは、ボード本体に取り付けを行った上で納品します。 [*2]
「ケースなし」を選択された場合:
  • アンテナケーブルは同梱して納品します。
OP-ANT-920-02Kのアンテナケーブル部のみ [*3](通常アンテナケーブルのみの個別販売は行っておりません)。
お客様ご自身でアンテナ本体をご手配いただく場合を想定したメニューです(技適等もお客様ご自身でのご手配となりますのでご注意ください)。
アンテナなし なし 内蔵アンテナのみを利用する場合を想定したメニューです。

[*1] オプション品を個別でご購入いただく場合の型番を参考情報として掲載しています。
[*2]「ケースあり」を選択いただいた場合、上図の赤丸位置(b)にアンテナケーブル(金具)を実装します。ただし、WLANモジュール用外付けアンテナを選択されている場合は、青丸位置(a)に実装します。(赤丸位置(b)にはWLANモジュール用外付けアンテナが実装されます) ※下図参照
[*3] アンテナ長は200mm(アンテナセット02に同梱されているものと同長)です。それ以外の長さのケーブルをご希望の場合は個別にお問い合わせください。

920MHzアンテナの装着位置

▲ ページトップへ


その他の添付品

ACアダプタ

専用ACアダプタを添付品として選択いただけます。
※温度差のある環境等でご利用いただく場合は「温度拡張品」の採用をおすすめします。

ACアダプタの選択肢

 
内容 参考型番 [*1] 備考
ACアダプタ(12V/2.0A ⌀2.1mm) 温度拡張品 OP-AC12V3-00 詳細情報(Armadilloサイト)
  • AC100~240V 50/60Hz 55~80VA
  • ケーブル長:1.5m
  • 動作温度範囲:-20℃~+70℃
※G2開発セットに同梱されているものと同等品で、製品保証対象 [*2]です。
ACアダプタ(12V/2.0A ⌀2.1mm) 標準品 OP-AC12V2-00 詳細情報(Armadilloサイト)
  • AC100V 50/60Hz 60VA
  • ケーブル長:1.5m
  • 動作温度範囲:0℃~+40℃
※製品保証対象外です(消耗品扱いとなります)。
ACアダプタなし お客様がご自身でACアダプタを用意される場合を想定したメニューです。

[*1] オプション品を個別でご購入いただく場合の型番を参考情報として掲載しています。
[*2] 製品保証対象のため、通常の使用状態にもかかわらずご購入後1年以内に万一故障した場合は、新品の交換を承ります。製品保証については「Armadillo BTOサービスのご案内(各製品シリーズの共通事項)」の「製品保証」をご覧ください。

納品形態

ACアダプタ

  • ACアダプタは、同梱して納品します。

▲ ページトップへ

お客様支給品(メモリーカード、バックアップ電池など)

「Armadillo-IoTゲートウェイ G2」向けBTOサービスでは、以下の支給品の組み付けに対応しています。

※注意※
お客様支給品の組み付けをご希望の場合は、必ず「Armadillo BTOサービスのご案内(各製品シリーズの共通事項)」の「お客様支給品の組み付け」の内容と注意事項をよくお読みになり、ご納得の上でお申込みください。

「Armadillo-IoTゲートウェイ G2」に組み付け対応可能な支給品項目

対応可能な項目 納品形状 備考
マイクロSIMカード マイクロSIMカードをスロットに挿入して納品します。 3Gモジュール「あり」が選択されている場合のみ、対応可能です。選択方法については、「3Gモジュール」の「SIMの選択肢」の説明をご覧ください。
RTCバックアップ用電池 電池(CR2032)を組み付けて納品します。
microSDカード microSDカードをスロットに挿入して納品します。 microSDカードへのデータ書き込みは弊社では承りかねます。お客様側で実施してください。
SDカード SDカードをスロットに挿入して納品します。 SDカードへのデータ書き込みは弊社では承りかねます。お客様側で実施してください。

▲ ページトップへ


ケース・梱包

ケース

ケースの有無を選択できます。ケース「あり」を選択した場合、さらに以下の詳細事項をご指定いただくことができます。

ケース「あり」を選択した場合の詳細項目

各項目の詳細は以下の記載をご覧ください。

ケース:外観

ケースの外観イメージ

ケース側面 [*1]

ケース側面イメージ

ケース上面

ケース上面イメージ

[*1] 3Gアンテナを装着した場合のイメージです。

ケース:各部の名称

各部の名称

水色に表記された部分は、パネル構造です。便宜上、下記のとおり呼称します。

番号 呼称 外観 備考
「アドオンモジュール開口部パネル」 パネル写真 コネクタ上部だけふさぐ「ハーフパネル」と、開口部全体をふさぐ「ブランクパネル」の2種類があります。
※写真は「ブランクパネル」です。
「SIM/SDパネル」 パネル写真 パネル上に各開口部(「外付けアンテナ開口部」「SDスロット開口部」など)が加工されています。各開口部は専用キャップでふさぐことができます。

※注意※
ESD耐性向上のため、各開口部にキャップを取り付けて使用いただくことをおすすめします。

ケース:ネジ止めの選択

ケースのネジ止めについては、以下から選択できます。
※お客様側で追加の部品取り付けがない場合、ネジ止めを行った上での納品をご指定いただくことをおすすめします。

選択可能な項目 納品形状 備考
ネジ止め「あり」 ボード本体にケースを装着しすべてのネジを締めた上で納品します。 アンテナ本体、または装着されていないキャップなどは添付されます。詳細は以降の各項目の説明をご覧ください。
ネジ止め「なし」 ボード本体にケースを装着し、ケースのベースとカバーをテープで仮止めした状態で納品します。ネジ一式は同梱します。 お客様ご自身でアドオンモジュールなどを装着しネジ止めされる場合を想定したメニューです。その他、開口部のキャップなどが添付されます。詳細は以降の各項目の説明をご覧ください。

ケース:アドオンモジュール側開口部

アドオンモジュール側開口部は、専用のパネル(専用ケースと同素材)で閉じることができます。標準のパネルには、以下の2種類があります。

名称 パネルサイズのイメージ 概要
ハーフパネル ハーフパネル コネクタ上部をふさぐことができるサイズのパネルです 。 [*1]
ブランクパネル ブランクパネル アドオンモジュール開口部全体をふさぐ、フルサイズのパネルです。

※アドオンモジュール側開口部のパネルは、ケース外部から取り外しできませんのでご注意ください。取り外す場合は、ケースを開け、ケース内部から押し出すように外す必要があります。

選択可能な項目

アドオンモジュール側開口部は、以下から選択指定いただけます [*2]

選択可能な項目 納品形状
ブランクパネル取り付けあり
  • ブランクパネルを取り付けてケースを組み立て
  • ハーフパネルを同梱
ハーフパネル取り付けあり [*3]
  • ハーフパネルを取り付けてケースを組み立て
  • ブランクパネルを同梱 [*4]

ブランクパネルで対応可能なアドオンモジュール(端子なしタイプ)

以下の端子なしタイプのアドオンモジュールは、ブランクパネルを装着し、開口部を塞いだ状態でご利用いただけます。

  • OP-AGA-WS00-00 (Wi-SUN対応)
  • OP-AGA-EN00-00 (EnOcean対応)
  • OP-AGA-BT00-00 (RN4020搭載)

※上記以外のアットマークテクノ製アドオンモジュールは、ハーフパネルを装着してご利用ください。

[*1] アットマークテクノ製の各アドオンモジュールの端子部は、ハーフパネルを取り付けた状態で使用可能です。
[*2] 記載以外の対応をご希望の場合は、別途ご相談ください。
[*3] アットマークテクノ製アドオンモジュールを装着いただく場合を想定したメニューです。
[*4] ブランクパネルの同梱が不要、またはハーフパネルを取り付けないなど、その他のご相談については、弊社営業部までお寄せください。

ケース:SIM/デバッグシリアル開口部(SIM/SDパネル)

SIMスロットやデバッグポートにアクセスするための開口部です。SIM/デバッグシリアル開口部は、SIM/SDパネルに専用のキャップ(専用ケースと同素材)を取り付けてふさぐことができます。

デバッグシリアル開口部

キャップには以下の種類があります。

区分 外観 備考
取っ手付きタイプ
キャップ
取っ手付きで、ケーシング後でも着脱可能なタイプのキャップです。
※取っ手部分をつかんで斜め下部に引き出し、ケース外から取り外すことができます。
はめころしタイプ
キャップ
取っ手なしのため、ケース外から取り外しができないタイプのキャップです。
※取り外す際はケースを開け、ケース内部から外へ押し出すようにしてはずしてください。

SIM/デバッグシリアル開口部の選択肢

選択可能な項目 納品形状 備考
キャップ(取っ手付き)取付
  • 取っ手付きタイプのキャップをSIM/デバッグシリアル開口部に装着した状態でケースを組み立て
  • はめころしタイプのキャップを同梱
主に、製品化後にSIMの挿抜を行う場合を想定したメニューです。
キャップ(はめころし)取付
  • はめころしタイプのキャップをSIM/デバッグシリアル開口部に装着した状態でケースを組み立て
  • 取っ手付きタイプのキャップを同梱
SIMを使用しない場合、または製品化後エンドユーザには敢えてSIMにアクセスさせたくない場合などを想定したメニューです。
なし
  • SIM/デバッグシリアル開口部にはキャップを装着せずに納品
  • 取っ手付きタイプ、はめころしタイプの各キャップを同梱
お客様ご自身でキャップを装着いただくことを想定したメニューです。

ケース:SDスロット開口部(SIM/SDパネル)

SDスロットにアクセスするための開口部です。SIM/デバッグシリアル開口部は、SIM/SDパネルに専用のキャップ(専用ケースと同素材)を取り付けてふさぐことができます。

SDスロット開口部

キャップには以下の種類があります。

区分 外観 備考
取っ手付きタイプ
キャップ
取っ手付きで、ケーシング後でも着脱可能なタイプのキャップです。
※取っ手部分をつかんで斜め下部に引き出し、ケース外から取り外すことができます。
はめころしタイプ
キャップ
取っ手なしのため、ケース外から取り外しができないタイプのキャップです。
※取り外す際はケースを開け、ケース内部から外へ押し出すようにしてはずしてください。

SDスロット開口部の選択肢

選択可能な項目 納品形状 備考
キャップ(取っ手付き)取付
  • 取っ手付きタイプのキャップをSDスロット開口部に装着した状態でケースを組み立て
  • はめころしタイプのキャップを同梱
主に、製品化後にSDカードの挿抜を行う場合を想定したメニューです。
キャップ(はめころし)取付
  • はめころしタイプのキャップをSDスロット開口部に装着した状態でケースを組み立て
  • 取っ手付きタイプのキャップを同梱
SDカードを使用しない場合、または製品化後エンドユーザには敢えてSDスロットにアクセスさせたくない場合などを想定したメニューです。
なし
  • SDスロット開口部にはキャップを装着せずに納品
  • 取っ手付きタイプ、はめころしタイプの各キャップを同梱
お客様ご自身でキャップを装着いただくことを想定したメニューです。

ケース:外付けアンテナ開口部(SIM/SDパネル)

3G、WLANのそれぞれのアンテナを取り付けるための開口部です。各アンテナ開口部は、SIM/SDパネルに専用のキャップ(専用ケースと同素材)を取り付けてふさぐことができます。

外付けアンテナ開口部

外付けアンテナ開口部対応のキャップは以下の1種類です。

区分 外観 備考
着脱可能タイプ
(取っ手なし)
キャップ
ケーシング後でも着脱可能なタイプのキャップです。キャップとケースの間にツメなどを挟み、取り外すことができます。

SDスロット開口部の選択肢

アンテナまたはアンテナケーブルが選択されている場合のみキャップを添付します。それ以外の場合は、該当箇所の外付けアンテナ開口部にキャップを取り付けた状態で出荷します。
※通信モジュールの選択状態によって、対応する穴位置が変更になる場合があります。 詳細は下記通信モジュール・アンテナの説明(「3Gモジュール」「WLANモジュール」「920MHz帯無線通信対応 外付けアンテナ」)をご覧ください。

3Gモジュール搭載の場合

選択された項目 納品形状 備考
3Gモジュール「あり」を選択
  • アンテナ開口部(上記図の(a)部)にアンテナケーブル(金具)を装着
  • キャップを同梱
3Gモジュール「なし」を選択
  • アンテナ開口部(上記図の(a)部)にキャップを装着

WLANモジュール搭載の場合

選択された項目 納品形状 備考
外付けアンテナ「あり」またはアンテナケーブル「あり」を選択
  • アンテナ開口部(上記図の(b)部)にアンテナケーブル(金具)を装着
  • キャップを同梱
3Gモジュール「なし」を選択
  • アンテナ開口部(上記図の(b)部)にキャップを装着

920MHz帯通信モジュール搭載の場合

選択された項目 納品形状 備考
外付けアンテナ「あり」またはアンテナケーブル「あり」を選択
  • アンテナ開口部(上記図の(b)部)にアンテナケーブル(金具)を装着
  • キャップを同梱
WLANモジュールで「アンテナあり」を選択されている場合は、920MHz帯対応 外付けアンテナは(a)部のアンテナ穴に実装されます。詳細は「920MHz帯通信対応 外付けアンテナ」の記載をご覧ください。
3Gモジュール「なし」を選択
  • アンテナ開口部(上記図の(b)部)にキャップを装着
WLANモジュールで「アンテナあり」を選択されている場合は、WLANモジュール項目での選択内容に応じます。

▲ ページトップへ

シール

ケース底部に、以下のとおりシールを貼付します。

シール

シールの種類

シール名称 貼付の選択可否 素材・サイズ シールに記載される情報
シリアルナンバーシール 不可 [*1] PET(白)
25×12mm
  • シリアルナンバー
定格シール [*2] PET(白)
20×8mm
  • 製品概要を識別する記号
  • 定格電流/電圧値
  • 原産国(Made in Japan)
  • メーカー名(Atmark Techno, Inc.)

定格シールについて

定格シールの貼付方法は以下の3種類から指定いただくことが可能です。

選択可能な項目 納品形状
標準シール貼付 当社指定のシールを貼付します。
指定シール貼付 お客様指定のシールを貼付します。
※貼付可能なサイズや素材、貼付位置については個別にご相談ください。
なし 定格シールを貼付しません。(シリアルナンバーシールのみ貼付します)

[*1] シリアルナンバーシールは原則として必ず貼付されます(個体識別の目的のため)。貼付なしをご希望の場合は、個別にご相談ください。
[*2] 詳細の記載内容や外観についてはお問い合わせください。

▲ ページトップへ


ソフトウェアとライセンス

node-eye(デバイス運用管理サービス)

「node-eye」とは

「Armadillo-IoTゲートウェイ」のリモート監視・管理を実現するクラウドサービスです。「死活監視」「リソースモニタリング」「リモートコンフィグ」「リモートアップデート」などデバイス運用管理サービスの他、3Gモバイル通信サービスもオプションとして提供しています。

詳細は、以下のサイトをご覧ください。

「node-eye」サイト

「node-eye」のお申込みについて

node-eyeをご利用いただく場合は、以下の2つの手続きが必要です。

  • node-eye専用のお申込みフォームでの手続き
  • BTOサービスお申込みフォームで「node-eye」専用IDを指定

「node-eye」のご利用をご希望の際は、Webフォームからのお申込みの前に、弊社営業部までお知らせください(お問い合わせについてはこちらをご覧ください)。 node-eye用のIDを発行し、お申込みURLと併せて、事前にE-mailにてご案内差し上げます。なお、「node-eye」の費用は、BTOの費用とは別請求となります。

BTOサービスお申込みフォームでの「node-eye」の指定方法

BTOサービスのお申込みフォームの「node-eye」欄で、利用の「あり」「なし」を選択してください。

node-eyeのID入力欄

「あり」を選択すると、IDの入力欄が表示されます。ここで、弊社からE-mailでご連絡差し上げたIDを入力してください。
※「node-eye」専用フォームに関してご不明な点があれば、弊社営業部までお問い合わせください(お問い合わせについてはこちらをご覧ください)。

▲ ページトップへ

ROMイメージ書き込み

ボード本体のフラッシュメモリに、書き込むイメージファイルは、以下の2通りから選択いただくことができます。

選択可能な項目 納品時の状態
標準イメージ 弊社の標準出荷イメージファイルを書き込んで納品します(追加料金なし)。
※製造時点で最新のイメージファイルを書き込みます。[*1]
指定イメージ お客様ご指定のイメージファイルを書き込んで納品します(追加料金あり)。

「指定イメージ」を選択する場合

お客様のご指定のイメージファイルを書き込んで納品することが可能です。「指定イメージ」を選択された場合は、以下の内容をご確認の上、期日までにイメージファイルをお送りください。

指定イメージファイルの種類

下記の2種類のファイルをあらかじめご用意ください。

ファイル内容 注意事項
イメージファイル ファイルタイプ:gz, tar, zip, tgz
ファイルサイズ上限:4GB以下[*2]
MD5ファイル ファイルタイプ:txt, md5
ファイルサイズ上限:2MB以下

※リージョンはallリージョンのみとなります。弊社が提供する以下のツールで作成したallリージョンイメージに対応可能です。

  • Linux版all領域作成ツール「create-all-region-image」
  • Windows版all領域作成ツール「gen-flash-image」

指定イメージファイルの送付方法

指定イメージファイルは、ご発注時まで[*3]に「アットマークテクノファイル交換サイト」からお送りください。

「アットマークテクノファイル交換サイト」のアクセス方法については、ご発注時に営業担当よりご案内いたします。ファイル交換サイトから指定イメージを送付いただく際は、下記にご留意ください。

  • ファイル送信として、seisan@atmark-techo.com (アットマークテクノ生産管理部)を指定してください。
  • 送付の際は、ファイル交換サイトのコメント欄に発注型番を明記してください。

ROMイメージ書き込みの注意事項

[*1] 弊社からの納品後、お客様側でイメージを書き換えいただく想定のメニューです。弊社の標準イメージファイルでも、書き込むバージョン等を指定されたい場合は、「指定イメージ」を選択してください。
[*2] ファイル交換システムから受付可能なファイルサイズの上限値です。本体基板に書き込むイメージファイルのサイズ上限については、各製品マニュアルをご覧ください。
[*3] 期日までに指定イメージファイルをお送りいただけなかった場合、納期をお約束いたしかねますのであらかじめご了承ください。お手続きの流れについては、「Armadillo BTOサービスのご案内(各製品シリーズの共通事項)」の「お申込みから納品までの流れ」の内容をご確認ください。

▲ ページトップへ

ソフトウェアライセンス

提供可能なソフトウェアライセンス

「Armadillo-IoTゲートウェイ G2」向けBTOサービスでは、以下のソフトウェアライセンスを選択いただけます。

  • Oracle Java SE Embedded 8(JREライセンス)

ソフトウェアライセンスの指定方法

BTOお申込みフォームの「ソフトウェアライセンス」欄で、必要なソフトウェアライセンスを選択してください。ソフトウェアライセンスの名称を選択すると、ソフトウェア使用許諾書が表示されます。内容を確認し、「同意する」にチェックをしてください。

※使用許諾書に同意いただけない場合は、当該のソフトウェアライセンスのお申込みを承りかねます。あらかじめご了承ください。

BTOお申込みフォーム

Oracle Java SE Embedded 8(JREライセンス)についてのご注意

  • お客様が「Armadillo-IoTゲートウェイ G2」(量産品)を使って、Oracle Javaを搭載した製品を量産・販売する場合、JREライセンスの取得が必要です。上記ライセンスをご指定いただければ、別途Oracle社とご契約いただく必要はありません。
  • 量産品向けのJREライセンスは、BTOサービスでのみ提供(「Armadillo-IoTゲートウェイ G2」本体とのセット販売)いたします[*1] 。JREライセンスのみを後日追加で購入いただくことはできませんので、ご注意ください。

[*1] BTOサービスをご利用いただいた場合のみ、対応可能です。

▲ ページトップへ


製品保証

製品保証範囲

「Armadillo-IoTゲートウェイ G2」の製品保証範囲は以下のとおりです。

  • 「Armadillo-IoTゲートウェイ G2」本体[*1]
  • ACアダプタ(12V/2.0A φ2.1mm )温度拡張品
  • Armadillo-IoTゲートウェイ 外付けアンテナセット 02(3G用外付けアンテナ)
  • Armadillo-WLAN 外付けアンテナセット
  • アドオンモジュール(アットマークテクノ製のみ)
  • WLANモジュール(Armadillo-WLAN)

詳細は、「Armadillo BTOサービスのご案内(各製品シリーズの共通事項)」の「製品保証」の項目をご覧ください。

[*1] ケースの破損・汚れ等は保証対象外です。ケースの傷やヒビ割れなどの破損については、初期不良(納品から2週間以内)交換のみ受け付けております。

▲ ページトップへ